久しぶりの在宅介護

今夜も早く寝る予定が、糞弾の嵐に巻き込まれ、すっかり眠気が飛んでしまった。
ホームで便秘だった母が毎日、爆弾の嵐。。。
食べ過ぎなのかも。。。

介護とは食べさせることと出させること。。わあ〜〜〜〜ん。

父と母ふたりの重たいリハパンを持って走ってたあの日も、、、、懐かしいかも。

で、奇跡の翌日の母は朝からピントもあっていないし、
朝から「てっちゃん」コールだったので、やはりレナードの朝なのだと
あきらめてた。

夜になって、母の夕食に好物の毛ガニをだした。
最初はちょっとだけだったのに、まあ、器用に毛ガニ用フォークで
ちょこちょこと食べる。もっと欲しいとなって、十分に楽しんでいた。

b0055939_0585646.jpg


普段ふわっとしか動かさない指がしっかり動いている。
小指もきちんと?立っている?

b0055939_10051.jpg


紅白歌合戦をしっかり楽しみ、布施明や伍代夏子や、美川憲一なんかの
普段にはぜったい言わない名前をちゃんとしゃべってた〜〜

このとき、親友が大晦日一人だというので、電話をいれてみたので、
母も話すかな(若い頃、よく一緒に過ごしたから)と携帯を
渡してみると、しゃべってる。mちゃんわかる?
「わかるわよ」
ご主人が実家にいってるんだって、というと「あらmちゃんひとりなの、
こどもたち連れてったのかね」と子供がいることも覚えてた
(ただし、小さいと思ってる可能性大)

奇跡といっていいのか、家に帰って来て話題が増えて、その話題も
母の人生に関わることだから、話し易くなっているのかもしれないとも
感じた。
ホームでは母の生活も人生も関係ないものね。

元旦も母には関係なかったみたい。
いつものように、てっちゃんコールとご飯ちょうだいコールだった。

今日は朝の4時半からおーおー叫んでたので、何事かと飛び起きたら
足が痛いという。
なにか変な格好したのか、車いすでどこかはさんだのか、
いろいろ見たけどなんでもない。
そのうちもう痛くないって。
で寝てもらうと、またおーーおーーーと騒いで起き上がる。
「どこが痛いの?折ったかな」

「ちがう、こんどはう○ちがでる!」

朝の5時に朝シャワーで、気持ちよくなっちゃった母。
朝ご飯食べると、グーグーいい顔して眠ってた。

私の長ーい一日、まだ終わりそうにない。。。。。

あ〜〜手からさっきの爆弾の匂いが漂うぞ〜〜〜〜
by ygracia | 2009-01-04 01:14 | 母の記録


<< お知らせ 2009年 >>