お知らせ

私の父の訪問診療でお世話になった木之下先生の立ち上げた
NPO法人 地域認知症サポートブリッジ主催の
第31回 在宅認知症ケア連絡会のお知らせです。

第30回は、「家族と主治医の意向が異なる中での支援」について、
参加者の方にもご協力を仰ぎ、事例を劇にして具体的なイメージを共有しながら、
支援者は何に向き合えばよいか、語り合いました。
今回は、ご両親の在宅介護を長年にわたりご経験されたご家族をお招きし、
そのご経験をじっくり語っていただく、初の試みになります。
対応が難しいと言われるレビー小体型認知症の在宅介護のなまなましいご家族の
お話をうかがえる貴重な機会です。
ご家族の語りに向き合い、専門職にとって必要なことを率直に話し合えればと思います。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます

日時  平成21年 2月10日(火)  18:45〜21:00

会場   きゅりあん(品川区総合区民会館)6階 大会議室 【定員96名】
            品川区東大井5-18-1     電話03-5479-4100

テーマ  認知症の方の在宅介護家族の語り
           〜本人と家族を専門職はどうささえるか〜


問い合わせ・申し込み   在宅認知症ケア連絡会  
メール   zaitaku-d-care-renrakukai@hotmail.co.jp
 FAX      03-5337-2524

申し込み締め切り  2月3日(火)
by ygracia | 2009-01-17 21:48 | 今日のお話


<< 認知症のトイレ誘導 久しぶりの在宅介護 >>