乾燥注意報

我が家の加湿器、現在4台。
そのうち一台は年末に購入したおしゃれなチムニーⅢである。
気化式はよくないぞと、言われてるのに買っちゃった。
そして2週間で壊れた。
説明書を読むと、1週間に1.2回掃除してとある。
水タンクは便利なんだけど、掃除をしなくちゃならない部分が、
本体の底のほうで、ブラシだって、ちょこちょことしか届かない。
これは欠点だ。
掃除したけど付いたり、消えたり。
で3ケ月は持つはずだったフィルターを替えてみた。
そしたら動いたけど、1週間でまた点滅。
間欠泉のように、霧がふわっとでたり、止まったり。
忙しくてメーカーに連絡してないけど、いろんなブログで壊れて
修理というのを見つけた。
あたりはずれがあるのかも。
デザイナーの作ったおしゃれな加湿器、病院で使われてたから
いいかと思ったけど、こんなにいっつも掃除してなきゃならないのは
大変だ。清潔でいいかもしれないけどね。
今日も間欠泉の霧が舞ってる。

空気も乾燥してるけどお肌も乾燥中。
私はボディショップのオリーブオイルシャワージェル愛用者。

今は娘のアロマオイルも活躍中。
精油はそのまま体につけることはできないから、キャリアオイルで薄めて使う。
ス−パーで手にいれられるものは、太白ごま油(炒ってない白いごま油)、
アロマショップで売ってるのはオリーブオイル(食用のじゃなくて)やスゥイートアーモンドオイル。

☆健康な人の場合なら、キャリアオイル 10ml に精油 1滴 (1%程度)

☆お年寄りなら血圧や血流を考慮して、薄めたものを使うから、
   キャリアオイル 20ml  に 精油  1滴

父の介護中は、父もボディショップのジェルで入浴し、顔も洗い、部分浴も全部これですませた。だから乾燥はなかった。
アロマオイルはラベンダーやティートリーので、手の甲の紫斑も薄くなった。
また塗っておくと紫斑の予防にもなっていた。皮膚を活性化してたのかも。

お年寄りの体の乾燥、おうちのケアでだいぶよくなるはず。
NIVEAでもベビーローションでもどんどん塗って上げてほしいものだ。
粉ふきはお年寄りの勲章みたいに言う人いるけど、違いますよ〜〜

体の表面だけじゃなく、内部もかなり乾燥中。
私は三年番茶と富士山麓のバナジウム水派。
なんてことない、三年番茶はマクロビで、バナジウムの水は糖尿病に効くというので。。

母は最近がぶがぶ飲めなくなった。
お水や、飲み物大好きだったのに、一晩コップの水もボトルの水も飲んでいない
ことが増えて来た。
OS1ゼリーもホームではどうしても飲みきることができない。
私がついてれば、病院のものというだけで、一気に飲んでくれるのだが。
むずかしい。

このOS1、経口補水液としては優秀。脱水予防としてもいい。
OS1 200ml中に含まれるナトリウムは0.23g  カリウムは 0.16g
ナトリウム0.23gは食塩0.58gに相当し、中くらいの梅干し1/3量に含まれる塩分とおなじ。
カリウム0.16gはオレンジジュース70ml、バナナ1/3本に含まれる量と同じなので、
高齢者で塩分制限のある方はこれを目安に医師に相談なさるといいと思う。

ポカリスゥエット500mlとOS1 200mlの摂取塩分量はほぼ同じだそうだ

OS1は味が少し濃いので飲みにくいと思う方もいるかもしれないけど、
慣れると飲み易くなると思う。
また脱水気味の人はおいしいと思うみたいだ。

高齢者の一日の水分必要量は体重1kgあたり30〜35ml.
一般的に3食とって水分は800ml前後と言われているそうだ。
ここに、お茶や補水液分を足せば、だいたいの水分摂取量がわかる。
しかし、実際、食事量も減って来て、水分も減ってくる頃、
こういう時期が介護家族にとってもほんとに難しい時期だ。

ポカリやアクエリアス、OS1,そのほかの味付き水分ゼリー、
なんでも使って、体内乾燥防いであげてほしい。

父を脳梗塞起こさせてしまった苦い経験から、水分補給は、
ほんとに大事なことだと思っている。

水分補給

今回大塚製薬さんにもいろいろ教えていただいた。
感謝。
by ygracia | 2009-02-08 01:12 | 水分補給


<< 任務終了 広告 >>