喜びと不安

母の食事が始まった。
誤嚥などを防ぐために、ナースステーションまで車椅子で行って、
食事をさせてもらったらしい。

血栓予防ストッキングを買うためにサイズを確認したところ、
筋肉のなくなった母の足はSサイズ。
からだはあきらかにLLサイズだから、これでは足で体を支えるなんて
不可能だ、
よほど気をつけないとまた骨折する。
もう手術は無理だ。

元気になっていく母だが、きょうの母の顔はよその人だった。
感情も薄い。
父のように、いい日、悪い日くりかえしていくのだろうか。

b0055939_21401813.jpg


父はあいかわらず、好調。
なぜだろう。
寝ている時間も減ってきた。
テレビをよく見ている。

母が退院してきてからの生活を想像して、不安がとてつもなく広がった。
車椅子にすわれたとしても介助が必要になる。
立ち上がりも不安定になる。
食事介助もいる。
父のペースに母をあわせるか、どうなるんだろう・・・・
私はどこに寝るんだ・・・・
家族の生活は・・・・
ああ~
by ygracia | 2004-11-17 21:43 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る