私にできること

Nさんとの出会いから、私の役割が少しづつ変った。

今日はふたりである方に会いに出かけた。
レビー介護家族である。

施設長がどこのだれからもわからない私たちに会ってくださった。
レビー小体型認知症の介護について、できるかぎりを話してみた。
経営と、雇用者と、入居者の要望とありとあらゆることに耳を貸し、
バランス良く、理想的な施設を作って行くのは容易なことではない。
でもいちおう聞いてくださった。
きっかけになればいい。

でも忘れてならないのは、「人間の尊厳」を大事にしなければいけないこと。

「介護」という仕事をまっとうさせることばかりに気を取られていると
「人間」を忘れてしまうのだ。

「人間」が「モノ」になってしまうのだ。

施設にはいると、そこに住む人々の顔が明るいか、笑えなくても顔色はどうか、
いろんなものが目に入って来る。
食堂やホールの空気は家庭を感じるかどうか。人間を感じるかどうか。

今日のホールは、残念ながら、暖かさに欠けて、サービスエリアの食堂のように、
見ず知らずの人間が集まっているような空気だった。

どの施設も決して、悪い状態にしたいわけではない。
ただあまりにも「介護」を知らないスタッフが多すぎる。
肉親の介護経験のあるヘルパーは自分のやり方を主張するし、
疲れた若い介護士は「人間」を忘れて、「モノ」としてみるようになる。

「ヒト」の命を預かる仕事であること、
認知症に限らず、お年寄りを理解し、「ヒト」を勉強して介護のプロになってほしい。

それにしてもレビーを知らない医師もまだまだ多い。
介護の方法を知らない介護士もまだまだいっぱいいる。

Nさん、ぼちぼちやりましょ。

家族を助けてくれる介護プロ、もっともっと勉強してほしい。
働く条件ももっともっと良くなればいい。

私にお声がかかって、ハイと言って、素直な気持ちで出かけられたのは
父の指示、母の意思、そんな気がした。



b0055939_0394842.jpg

Commented by akametoumer at 2009-04-16 19:44
施設の問題点多々あると思います
経営サイドから見て入所者が物品、商品になってしまっているのではと感じる事多きものが御座います
本日ショートステーにあずけました
4階の居室に上がりましたら
私が数ヶ月前窓際に置いたカサブランカ(百合)の五本植えが
見当たりません、大きい植木鉢で蕾も付いて先月竹で茎を補強
したばかりでした、職員に聞くとここにおいておくのはもったいないから
一階玄関脇に移動したとの事です
それは根本から物事の考えが違いやしませんでしょうかね(お腹の中で噴火状態でしたがこらえました)小さい芽が出始めた時から入所者が水をやっていたのです、人の心を失ってしまったのでしょうね営利重視の施設は(ぐちを書いてしまい御免なさい)
Commented by ygracia at 2009-04-16 20:36 x
入所者のためだと主張して返してもらえないのでしょうか?
ほんと、目の前にいるお年寄りを何にも見てないんですよ。悔しいね。
私闘いに行きたい。お花も泣いてる。きっと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2009-04-15 00:40 | 今日のお話 | Comments(2)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る