父の思い

私が情報発信しているのは父が使っていた小さな部屋。
書斎といいつつ、忙しくて、父の思うような場所にはしてあげられなかったけど、
良く閉じこもって何かしらしていた。
いつのまにか、私の大事な部屋。
先月ゴミを一掃してすっきりしたと思ったとたん、猫グッズ、キャットフード置き場に
なってしまたけど。
猫も私も閉じこもってる。

父の机もそのまま、引き出しの中もそのまま。
だからときどき開けて、ごそごそしてみる。

生真面目で几帳面だった父。80才から81才のときは
元気そのもの。
知らない間に運転免許も更新していた。

毎年同じ型の手帳にもこまごまと、出張先のことから、電車、車のルートから
事細かく書かれている。
81才後半まで現役だったので。

シルバー大学の出席簿も皆勤。
母と私に行くなと言われて、どんな気持ちだったんだろう。

81才の手帳はだんだん外出先が減って来て、病院の予約が増えて来ている。
行ったのか行けなかったのか、大好きだったゴルフの約束も書かれていた。

そして、気になったのが、銀行との約束。
「相続と遺言」と書かれている。
父は遺言があったのだろうか。

パソコンに興味を持ち始め、すこしだけ習いにいった父。
でもまだ購入していなかったので、ワープロで自分史を書いていた。
まだ父のワープロは開けていない。。

父の声の入ったテープもたくさんある。
滑舌が悪いからと練習していたらしい。

父はいっぱい私に教えて行ってくれたけれど、はたして、人生、最後をきちんと終えられたと
思ってくれただろうか。
父らしくできるところを、引っ掻き回してしまったのは私だったのではないだろうか。。。。。


b0055939_1545559.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!

Commented by みっちゃん at 2009-08-01 15:24 x
一度読ませてもらって 涙出てきて 読み逃げ
でも やっぱり 気になる
ygraciaさん
親が先にいなくなるなんて わかりきっていることなのに
まして 介護に自分のことなど考えている時間ないほど たくさんの時間をついやして 
見送った後々も いつまでも なにかをひきづって
今 私は 母の介護 24時間 
見送る覚悟はしているつもり でも 不安 怯え 気持ちはあちこちさまよって
なんかいいことないかなあ(笑)
Commented by ygracia at 2009-08-01 22:19 x
みっちゃんさん、お疲れさまです。
う==ん、今は泣かなくなったけど、父との別れの前にも多くの人の死を見て来たのだけど、父の場合はずっといっしょに生きちゃって、最後の灯火が消えるまで確認したことで、「人間が生きることとは何なんだろう」って考えるようになりました。もちろん四六時中ではないけれど。だから自分はどうやってこれから最期まで生きて行こうかとか、いろいろ思うのであります。でもケセラセラなので〜〜楽しく笑って、歌って、食べて、一日一日、大事にしてればいいのでしょうね。きっとどこかにいいこと転がってるから、じっくり、まわりを見てみたら〜〜♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2009-07-30 01:57 | 今日のお話 | Comments(2)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る