意外にしっかり母

母はギブスもはずれて、整形外科より受診終了といわれて、かなり落ち着いていた。
先生も母の以前の状態から考えても、無理なリハビリはしないほうがいいという、私と
同じ考えだったので安心した。
6ケ月かかった。私の思ったとおりだった。

ケアプランの見直しで、また以前のように、介助により、立位を保ち、自分で車いすに
移乗できるようになるように、トイレにもいけるようになるように、リハパンに戻すように、
と一年見込みの計画を立てた。

ホームにはほんとうに御世話になって、今もお風呂でのリハビリは続いている。
これがいちばんいいらしい。
今度は、無理無く、事故無く、目標に向かって日々の生活が続くのだ。
わたしひとりだったら、きっとめげてた。
寝たきりの母を抱えて泣き叫んでたかもしれない、とつくづく思った。
多くの人の手を借りて、母はまた元気になれる。

母は猫の話をしてたら、機嫌良くなり、ついでに足のことをたずねてみる。

動かせる?
だめ。

動かしてみて。
(動かない足、ももから上がる、よいしょ)

動くじゃない。
(ぴこぴこ、足首をまげたりのばしたり)

やだ、すごいじゃん。
まあね、すこしづつね。

起きられる?
これがあるから起きられない(ベットの柵をさす、母の行ってる事は正しい)

寝てばかりじゃダメよ、起きれたら起きてね。
まあね。もう少ししたら起きるようにするから。
(???母は自分でコントロールしてる?)

何が食べたい?
なんでも食べたい。

おいなり?
それはご飯でしょ、まあね。

じゃあ、ケーキ?
甘いものならなんでもいいね〜〜

来週持って来るね。
うん、待ってるからね。

かなり御機嫌の母だった。

来月は逆ショートでちょっと長い滞在にする予定。
孫娘にアロママッサージをしてもらうのを楽しみにしている母だった。

b0055939_22203672.jpg


東京地方、チョー暑い日々が続いていて、今日は突然涼しくなって、からだは追いつかない。

我が家もへんなうちで、いろんなとこにエアコンあるのに、全部つけたら大変なことになるから
リビングだけにとしてるのに、設計ミスなのか、とにかく冷えない。
で。考えて見たら、猫のために戸がちょこっとあいてるもんだから。。。
閉めちゃうと、猫が6匹いるからとらじいさん以外、あけられないから、だれかしら
鳴くのでその度に、立たなきゃならない。
で少しでも冷たい空気が流れて行かないようにとのれんをつけてみた。

家族からブーイング。
というのは、こののれんにぶつからないのは、わたしだけ。
ほかのかたには邪魔だったらしい。。

猫たちは、快適空間でぐーぐー寝ている。

b0055939_22271430.jpg




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!


b0055939_22291350.jpg
by ygracia | 2009-07-31 22:29 | 母の記録


<< 裁判員制度に思う 父の思い >>