お別れ、出会い、なかま

今月はスケジュールがいっぱい。

そのなかで突然の訃報。
従兄の奥さんが亡くなった。
母との交流はあったのだが、私とは、ほとんど関わりがなかった方なのに、
父の納骨のときには、私をしっかり支えて手伝ってくださった。
いつのことだったか、覚えていないが、寡黙なその方が、母のことを好きだと言った。
すてきだと言った。
そしたら棺のなかで眠る彼女はお気に入りのお帽子を胸に抱いていた。
私の母も無類の帽子好き。。
学校をでていないからと放送大学をずっと続けて、塾の先生もしていた。
努力家だった。
私から名前をもらったという従兄の娘と話していて、いいおかあさんだったのだと
つくづく思った。
私の母を尋ねて行かなくちゃと、病床で繰り返し言っていたという。
もう一度会いたかった。。

北海道のいとこ夫婦が二組来ていて、私もこどものころにあっただけなのに、
母からいろいろ聞かされていたのだろうか、よく私を知っていてくれた。
そして、今日までいつも毎日顔をあわせていたかのように、
かわいがってくれた。

浄土真宗のお坊さんのお話は、まるで教会で神父さんのお話を聞くようで、
なかなか良かった。
お経もなぜか音ではなく、内容をしっかり聞いてしまった。
そのあと、従姉と死生観について話す。

別れがまたまたすてきな出会いを導いてくれた。
E子さん、ありがとう。安らかに。

おしゃべり会のお仕事するために集合したら、なんと私のハッピーバースデーを
またしてくれたぁ。

このケーキ!
箱入りの薔薇の花束をもらったときより、感激!!!


b0055939_2141585.jpg


うちのにゃんこの数、ちゃんと乗ってます〜〜〜

b0055939_2151573.jpg



それで、おうちに半分持って帰って、夫は知らなかったはずなのに、
翌朝、それをひとりで、半分食べられてました〜〜
夜、「ねこなかまとお祝いしたんでしょ」と言ってた〜〜〜

おいしいおいしいケーキだった。

みんなありがとう♪


別れても、その数以上に、また人に出会い、ひとりじゃなくて
楽しく、がんばれる。

ひとはひとりで生きてはいない、分かっているけど、なかまができるって
こんなに素敵なことなんだ。

おしゃべり会も歩き出した。

みんないっしょに並んで歩いて行こう。

人間だからこそ。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!





b0055939_226692.jpg

by ygracia | 2009-09-16 02:26 | 今日のお話


<< 私が歩く道は レビー小体型認知症家族を支える... >>