私が歩く道は

さ〜〜来週は「認知症を学ぶ会セミナーin東京」

私が大好きな、「縁の下の力持ち」をしっかりさせてもらえたら、もう十分。

父が残してくれた大きなプレゼントは、出会い。
レビーの仲間と2005年に肩を寄せ合い、支え合ったのが始まり。
こぶたさん、ねこみみさん、sacallopsさん、やうめいじさん、walkojiyasuさん、ユーリイカさん、tomogoroさん。
壮絶な介護をしながらだから、この仲間での情報交換、心の支え合いで、がんばることができた。
みんなにも会えた。

そして、今、こんどは私と新しい仲間で、レビーの方と介護家族の応援団を始める事が出来た。
ささやかだけど、帰って行くときに、ほっとして、笑顔が見えたら、それが一番。

100人100様の介護だから、これがいちばんということはない。
その方にあったやり方がいちばんなのだ。
レビーは特に、いろいろな特徴があるから、対処はいろんな方法を聞く事もいい。
それと、なぜ、そういうふうになるのかをすこしだけ勉強しておくといい。
小阪先生が、「知っていますか?レビー小体型認知症」の本をやっと出してくださったので、
これも一冊手元にもっているといい。

b0055939_1845891.jpg


私が介護を始めたころ、介護の本を読みあさった。
そんななかで、何を探しているかというと、自分と似たような介護境遇なのだ。
それで安心してほっとする、
介護の対処はあんまり関係なかった。
介護職や看護のための基本的なテキストも読んだけれど、現実には父に
適した方法を選択しなければならないから、現場で訪問看護師や、ヘルパーさんや
医師に習うのがいちばんだった。
だからテキストはいらなかったのだ。
多くの先輩たちも身近にいる方々から習いながら、介護道をまっとうしていったのだと
気がついた。

最近はブログを見ても、心のたけを発信しながら、軽いストレス発散と、応援団が自然に
くっついてくれるから、私の頃の悲壮感があまり見られない。
ネット上の方にもどんどん相談しているみたいだし、また答える介護の先輩も
たくさんいる。

どんなにいいテキストがあったとしても、介護者は何をそこに求めるのだろうか。
介護の技術なら、テキストをきちんと読んであれこれ試してみるのも良い。

家族を介護しているなら、家族として、接してほしい。
こころから、親や、夫や妻や、子、祖父母、みんなみんなが
その人らしく、最期への道を楽しく散歩するように、命を見守っていって欲しい。

忘れちゃ行けないのは「ひと」に主導権を持っちゃいけないことだ。
その人の人生は、そのひとのものであり、介護者はあくまでサポーターなのだから。

おしゃべり会はこれから積極的に情報発信していけそうだ。
準備万端。セミナーの日から活動だ。
介護家族の声を聞いてもらえるぞ〜〜〜楽しみだ。

仲間がアメリカのレビー家族会から、おもしろいものを取り寄せた。

メディカルカード。

糖尿病患者のように、レビーの患者ももてるのだ。
これで薬剤過敏も気をつけてもらえるし、反応の鈍いときでも安心できるのだ。

これを日本でも作ってもらいたい。


b0055939_1935885.jpg



b0055939_1941265.jpg




さ==私もゆるゆるとだけど、ときどきしゅしゅっと、歩いて行けそう。
シルバーウィークだし、シルバーカーでも押しながら、(京都ではころころさん?)
応援団続けて行けそう〜〜まだ、早いか===

お知らせ

認知症を学ぶ会セミナーin東京

来週にせまりました。
現在、電話、ファックスで受付しています。
皆様のご参加お待ちしております。

FAX番号:03-5540-8976
電話番号:03-3206-8901



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

レビー小体型認知症を知ってもらうために
私も参加宣言しちゃいます♪
協力していただける方、1 click!


b0055939_19111871.jpg

Commented by at 2009-09-20 19:19 x
セミナーに行ける事になりました

都心に一人で行く事がめったにないので違うドキドキがあります…
Commented by ygracia at 2009-09-20 21:19 x
受付周辺におります、ふとったちっちゃいおばちゃんです。
どうぞお声かけてください、
おまちしています。
道中お気をつけて。
Commented by at 2009-09-21 09:36 x
会の方に何度かお電話したのですが
タイミングが悪いらしく話し中なので
FAXで申し込みした
このまま参加しても良いのか少し不安です…が

行きますっ(笑)
Commented by ygracia at 2009-09-21 12:33 x
だいじょうぶです。当日入場もできますので。FAXも届いてるはずなので
お名前言っていただければだいじょうぶです。お待ちしてます♪
Commented by at 2009-09-21 12:52 x
ありがとうございます
お忙しいのにご返事いただいて申し訳ありません
主人が朝から出てゆっくりしたら?
と言ってくれたのですが
ゆっくりしたら迷子になるかも
と言ったら納得されました(笑)
Commented at 2009-09-22 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ygracia at 2009-09-23 16:36
月さん、お会い出来て嬉しかったです。
またおしゃべり会、参加してくださいね。
Commented by at 2009-09-23 21:25 x
初めましてだったのに長居してしまいました…
セミナーの内容も素晴らしく
皆様が素敵で胸一杯で帰宅しました
またお目にかかれる日まで頑張りますっ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2009-09-17 19:11 | 今日のお話 | Comments(8)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る