セミナーを終えて

セミナーに参加した方々の声を早く聞きたくて、ブログめぐりをしたけれど、直接書かれている方には
巡り会わなかった。

夏の暑い中、おしゃべり会のメンバーもそしてそのサポーターも地道に広報して歩いてくれた。

そんな中で、まだまだレビーは知られていないという現実を目の当たりにして、
私自身もいっぱい考えさせられた。

そして新たにレビー小体型認知症介護家族おしゃべり会の意義を深く考えることになった。

「おしゃべり会」の名前は、2007年2月に当時のレビー介護家族で初めて集まるときに
使った言葉。

今年2009年1月に新たな家族の集まりにも「おしゃべり会」と呼んでみて、
その後、名称を皆で考えたけれど、結局「おしゃべり会」に定着。

関西でもkuririnさんが家族の集まりを始めたので、自然に、関東ゆるゆる組、
関西きらきら組という名前がついていった。

今回のセミナーがきっかけで、私たち東京組は、正式名称
「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」として、始動開始。
いろいろなネットワークにこれから参加していく予定である。

セミナーの準備の中、初のニュースレターも作る事が出来た。
介護しながらの、メンバーの力には改めて感服している。

ほんとうに私の我が儘がほんとうにかなってしまったのだ。
セミナー周知運動がきっかけで、レビーを知らない人がたくさんいるとわかって、
そうだ、レビーの小冊子を作りたいと、おもいついたのが最初。
それも8月末。

そして、そこからメンバーの力量発揮となったわけだ。。

素晴らしい仲間にめぐりあえて、私はほんとうにうれしい。。

つづきはまたあとで。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


b0055939_1274428.jpg

by ygracia | 2009-09-25 12:07 | 今日のお話


<< おかあさん、86才の誕生日 認知症を学ぶ会セミナーin東京 >>