ホームのなかで

母の様子に心配な事があると連絡を受けて、今日は午後母のところへ飛んで行った。

行きも交通事故一件。帰りも交通事故で大渋滞。
からだがしびれちゃった〜〜
母にあげられなかったワッフルを食べながら、時速0km.....
東名入り口の橋の上で、バイクの集団。
ナンバープレートはどれもあちこち向いちゃって、15台くらいあった。
ちょうどそこで止まってたので、おばちゃん好奇心でバイクをいろいろ眺めてた。
お兄ちゃんたち、非常に楽しそうだ。
迷惑だけど。。。

それはおいといて、母、私がいったら、ベッドのうえで七転八倒したのか、
ななめになって転がっている。

「おかあさん、どこがいたいの?」
「ここ、ここ」というけど、その手はふわふわしてて、どこも指していない。

脇腹をおして、ここ?ここ?と聞いて行くと、
「そこよ、さわらないで!」
と怒りだした。

腫れもないし、腫瘤もあたらないし。。。。

おやつは食べるというので起こしてベッドにすわらせたら痛い、というので
またベッドに横にする。
そのあと、起こして、車いすに移動させてもらったら。。。。。

5日間、便秘だったらしい。
背中が痛い、と夜中にも訴えていたとか。

とうとう、そのときが来たのかと、不安だったけど、
母のホームに行ってから考えようと思っていた。
母の痛みの訴えを聞きながら、さ〜〜て、どうするか。。
明日も明後日も病院休みだし、救急だとまたややこしいし。
勝手を承知で主治医に連絡入れるか。。。
もう目一杯考えた。

ほんと、頭が疲れちゃった〜

母はすっきりしたのと、疲れたのとでおとなしく、夕食を待ってくれた。

もういらないと何回も言ったけれど、口に運ぶものを考えながら、
選んで口先に持って行くと、結局ぜんぶ食べた。
ほんとうは、自分で食べれるけれど、今日はとにかく完食してもらいたいので
介助してしまった。

おとなりのペースト食の方、たのしそうにお食事まっていたのだけど、
やっぱり男性介護士さんの介助では、食もあんまりすすまなかった。
私なら、もっとできたって、思っちゃった。

こちらのおばあちゃまは、ごはんに汁も、おかずも自分でかけている。
それでそれを召上がるかとおもってたら、何も口には運ばない。
右手は不自由。
介護士さんが一回ほどきたけれど、一口食べて終り。
見てたら最終的に、もずく酢もごはんのうえにかけちゃった。。

じっと私をみてるので、たまらなくなり、声をかけた。
「もうごちそうさまですか?」
「私、耳がね」
主任を呼んだので、聞いてもらうと、
「こちらの方が何かおっしゃったけど、私聞こえないから」
ごはんが進まないから心配したと伝えてもらったら、
私に「うんうん」とうなづいてくださった。

なんだかな〜〜

その人、その人の事情もあるだろうけれど、もうすこし食事を楽しくしてあげたい。
ボランティア食事介助、考えると非常に難しいことなのだけど、
家族も了承して、訓練受けた人がすることってできないのかな。

ホールには20人もいなかったと思うけど、介護士は3人。
食事準備、お薬、口ゆすぎ、ほかの身体介助など、いろんなことで忙しい。

自走でお部屋に戻られた方、部屋の入り口でひっかかり、
でも自力で車いすを治して、真っ暗な部屋に入って行った。
電気をつけられない。

帰り際、自立の方がお薬を取りにきたのだが、介護士全員いない。
ほかの準備でいそがしいので。

「ほ〜〜だれもいないな、しかたない、待ってるか〜」

ホームのなかで、認知症でも認知症でなくても、共同生活、みんな我慢している。。。

母は今夜はおとなしく寝てくれたかな。。



b0055939_2502795.jpg

by ygracia | 2009-10-11 02:50 | 今日のお話


<< なんとなく そろそろ >>