5年の歳月

もう、11月が目の前にきた。

街なかでは毎年恒例のクリスマスの準備が始まっている。


b0055939_014235.jpg






5年前の10月26日にこのブログを書き始めた。


あっというまのような、長かったような年月、それでも5年が過ぎた。

5年前は今のような自分を想像もしていなかった。

レビー小体型認知症の父の介護経験を今年2月に在宅認知症ケア連絡会で
発表させてもらってから、自分の中で何かがふっきれて、素直な気持ちになった。

介護家族おしゃべり会も誕生、あっという間に「ゆるりん通信」も発行した。
集まったメンバーがみな同じ1つの気持ちで活動できることに感謝している。
そして、私が私らしくいられることに、感謝。みんながいるから。

5年前は今のような母を想像できなかった。
きっとあのまま、遠い人になっていくのかと思っていた。

でも母は、元気!
おもいもかけず、癌が見つかったけれど、まだ大きな症状もなく
穏やかにしていられる。

母を連れて病院へ。
これまた恒例のおやつ完食。

b0055939_04674.jpg



母のからだ、これからどんなふうに変化するのかは、だれにもわからない。
でも、今を大切に、私も母への感謝を忘れずに、できるかぎりのことをしていきたい。
医師とホスピスの話もした。
あしたのことはだれにもわからない。
いい、それで。


b0055939_027166.jpg



アスタ・マニャーナ、また明日!



長い間、応援してくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました!
こころから感謝しています。

そして仲間のみんな、ほんとうにありがとう!
それから、若いときから私を知ってる姉妹みたいな、まみ、おけい、よしこ、見守ってくれててありがとう!
遠い南の島からいつも力をくれた百合子さん、ありがとう!
ブログ仲間もほんとにありがとうございました。

ブログは終了しますが、お会いする機会はきっとあるから、楽しみに。

レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会
ホームページとブログは仲間でどんどん進行中です!
どうぞよろしく!




 ¡Hasta la vista! ¡Buena suerte!
by ygracia | 2009-10-30 00:32 | 今日のお話


<< レビー父さんたちへ 静かな日 >>