忙しいと

一昨年年末より、わが家にはいろんなことが起きて来て、まだその余波は
続いている。
ほんとは、シンポジウムの続きを書きたいんだけど、その余裕がなかったから、
今日はぶつぶつと。。。。

夫にも人生変わり目があり、おまけに大病、手術。
私はその前に骨折したんで、結局歩けるようになるのに、大変だった。
そんな両親抱えた娘が完全に体調崩してしまい、就職活動どこじゃなくなった。

そんなんでも母は元気でホームで過ごしてくれてる。

で、まだまだ状態は完全ではない。
おまけに私の足に見つかったおかしなもんが、悪性かもって言われて、
有名大学病院の『骨軟部腫瘍外来』という未知の世界に送られた。
入院で生検手術と決定したんだけど、そこからどんでんがえしで、
大きな心配はないだろうということで、元の病院にかえってきた。
たった一ケ月のできごとなんで、あわただしかったけど、ほっとした。

で、報告に言って、そのまま、足のボルトを抜く手術の日が決まり、
その日のうちに手術前検査を済ませてしまい、準備終了。
二度目の入院なので、説明も簡単だった。

13日から入院。
また痛い思いをするけれど、ボルトを抜いたら、すこしはすっきりするかもと、
淡い期待を抱いている。
昨年同室だった方と会ったら、ボルト抜いたら、なんとなく気持ちが楽になったので
足が軽くなりましたって、医師に伝えたら、
「そんな重い物はいれてませんよ」と真顔で言われたそうだ。
気持ちの問題なのにね。。

私自身、まだ階段は不自由でこわい。
先日も駅の階段、混雑していて手すりのある側に行けなくて、
真ん中を降りるはめになってしまい、ものすごい緊張で降りた。
転ばなくてほんと良かったと思った。

抜釘の手術が終わったら、また筋肉復活のためにコツコツ運動だ。

で、その前に大仕事。
日曜日は甥の結婚式出席。
来週は母が帰宅、
内科と整形へ2回通院で、4日間の滞在。
ホームに戻ってもらって、私はすぐ入院。。

きっと病院で曝睡できるだろう〜〜〜〜楽しみ????
by ygracia | 2011-03-04 01:55 | 気まぐれなお話


<< アルツハイマー復活騒動 老年医学会シンポジウムー食べら... >>