また別れ。。

23日、朝、トラが死んだ。
18才。

一緒に暮らして15年。

息子が11才だった。
娘が13才だった。
父も母も元気で、トラを可愛がってた。

レビー小体型認知症に罹った父から離れずに世話をしてくれたのもトラだった。

パジャマのまま、外に出て行った父が塀にまたがって、オロオロしているときに、
短いシッポをピンとたて、父を見上げながら行ったり来たり、
私を見つけると目をキッと見開いて、そこに座ったトラ。
まるで、忠犬だった。

放尿してしまった父が、いつも「それはトラだ」と、言張ると、トラはしかたないなぁと言う顔で
父と私を見た。

らんちゃんとジュリを育てたのもトラ。
喧嘩仲裁もトラ。

わからなくなった母に「あか」と呼ばれても母をじっと見つめて優しい顔をするトラ。

脳トレのドリルをする父の足元にずっとついてたトラ。。

うちにはまだ猫がいっぱいいるのに、全部いなくなってしまったような喪失感。
トラの存在の大きさを今知る。

他の子たちもうつろになっている。

この数日、トラは人間の高齢者と同じような身体状況になり、
今更ながら、もっとトラを気遣うべきだったと思った。
この気候の変化に翻弄されてしまったトラ。
人間なら100才に近い。

立派だったトラ。。
お寺のかたにもほめられたよ。
今日はもう姿はないけれど、トラのゴロゴロが聞こえて来る。

ありがとう。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2011-05-25 00:58 | 気まぐれなお話 | Comments(0)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る