退院

昨日母が退院した。


早く帰りたいといってたものの、父のデイの送迎が遅れ、結局、
私が行ったのはもうお昼近く。
食べないはずだった最後の病院食を特別にだしてもらって、
いろいろあって、会計などすませて、家着いたのは3時近く。

部屋の模様替えにも特別な反応もなく、淡々とベットに入る。
夕方父が帰ってきたが、父は母のまえを素通り。
母もそんなに大きな感動なし。
「何か言ったら、おとうさん、」
「そんなにふとってないじゃないか」
「早く着替えなさい、お父さん」と母。

そんなこんなで父と母は素通り、行き違い、勘違い、小さいトラブル、
わがまま、いろんなものが交差して、私は母のトイレ介助だけで、
もう根を上げそうになった。

夜中は、私が大変だからと、母はオムツでいいからといってくれて、
自分もゆっくりねむれるしというので、私は安心しきって寝た。
起こされたのは2時45分と4時半。

渡した呼び出しスイッチがなりっぱなしで、無理やり目を覚ました私は
吐き気がした。
母は朝になると、夜中に私を呼んでトイレしたことなど覚えていなかった。

今日はケアマネージャーさんが様子を見に来てくれた。
来月、再審査をすることにする。
まだ、どういう生活になるか予想もつかないのでいろいろなヘルプは
もう少ししてからお願いすることにした。
私の腰がやられる前にお願いすることになっている。

母をみたケアマネさん、やはり以前の母ではないことをわかってくれた。

部屋の模様替えをして、母のベットの位置をきめておいたものの、
やはり、利き手とか、起き易さとかいろいろあるのでまだまだ
考慮の余地あり。
また父との共同生活というのも母自身がわがままになっていて、
難しいものが見える。
夜早くねるから、電気を全部消してというがまだ8時。
テレビを楽しんでいた父は真っ暗な中でしんとしてた。
また反対に行動の遅い父を気にしすぎる母。
「なにやってるの?」
「お風呂はやめて早く寝なさい」
「早く着替えなさい」
視界にはいない父にいろいろ言う。
大きなストレスにならなければいいが。

それでも今日はふたりでテレビを見て、お茶していた。
父が何年ぶりかで自分でお茶を入れるといった。
でも結局、ポットのどこを押すかがわからなくて断念。
もっとわかりやすいのを探してこよう。

私はというと、疲れ果ててしまい、母のトイレを済ませて
すぐ買い物にいったものの、目が回ってきて、買うものもかわず
帰ってきた。
昨日と今日で階段ののぼりおり、母の介助で
もものうしろの筋肉がぱんぱん。
いい運動だけどまいった~~

そういえば今日は雪がふっていたっけ。

b0055939_23543263.jpg

by ygracia | 2004-12-29 23:56 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る