不思議でしかたない

人間は具合が悪くなったら、病院へ行き、薬を処方してもらって、
不具合の調整をして、ときどきその副作用にびっくりしたりもするけど、
まあまあ、調整されて元気にはなれる。

もちろん、私が以前かじった、マクロビでも不具合調整を薬に頼らず
食生活でがんばれるってことも知ってる。

そのほかにもいろんな民間療法や、昔からの漢方や体操や
いろんなことで、不具合は調整できる。

だけどレビー小体型認知症では、この薬が、一挙に廃人になるか、
死期を早めるか、もしくは、劇的に元気になれるか、でもそのあと廃人になってくか。。
ものすごーくデリケートな病気なんだと、みんな知ってるんだろうか。

それと、みんな忘れちゃうのは、その人間自身がもってる身体機能の力だ。
薬に関係する肝臓や、またおおもとの心臓や、肺や、、、脳機能は
コンピューターの不具合だけど、自然の力のほう、、

60才になって、体のそれぞれの機能がやっぱり使ってきたんだなあと
思う事が多くなったけれど、これが70や80やまして90になったら
どうなんだ。。

私は感情型人間で、頭はちっとも良くない(お勉強はできたぞ?)ので
じっくり観察人間だから、人と話していても機転が利かないし、回転も悪いから
なんだか説明できないけどね。。

レビーの板で、聞いた事ない薬がいっぱい使われてるんだと知ったら、
なんだかレビーの人がすごく可哀想で、悲しくて、辛くなってしまった。

何の為の薬なんだ。。

介護者を楽にするための薬なら、もっと本人に優しい薬を使うべきじゃないだろうか。

その薬がどこにどういうふうに作用するかも考えずに、
これを飲んだら、幻視が減ってきたみたい、とかおとなしくなったとか。。
そのあいだにからだもボロボロになっていく。。って考えないのだろうか。

幻視やせん妄が始まり、動きが活発になると、車に乗せてドライブに出るという
妻がいた。。
みんなそうやって、すこしでも穏やかになれる方法を探している。

もちろん現実は大変だとは知っている。

ぜ〜〜んぶ薬をストップして、体を休ませてあげる時だって必要なんじゃないか。
介護者がすこしがまんして。。

でも医者も医者だ。
みんな処方が違ってて、そういうもんだとはわかるけれど、
レビーこそ、医者自身が勉強すべきじゃないかな。
そして、患者さんに理解してもらって、いろいろ試してみるべきじゃないのかな。

安易に薬ださないでほしいな。。

アリセプト10mg投与で、完全に元気になっている人をその最期まで
記録したカルテがあるんだろうか?

そしていちばん許せないのは、悪化すれば「レビーはこういうもんですよ、仕方ないですよ」
と言われて、家族もそうなんだと思い込んでいて、そのまま、永遠の別れとなっていくこと。。

人生は自分のものだ。
レビーの家族を持ったなら、その人生もしっかりその家族のものだと主張しなくちゃ。
薬を飲むのも、止めるのも、質問するのも、自分の自由だ。

嫌な顔する医者がいるなら、医者失格じゃ。

ね、天国のお義父さん、そうだよね。
今いたら、いっしょに考えてもらえたのにと、つくづく思う。
私とすごく気があったから。。。。
Commented by こぶた at 2011-06-13 17:24 x
ygraciaさん、私も同じ事を考えてる。
なんで皆、平気で大量の薬を飲ませるんだろうか?
これを飲んだら副作用は?とか考えないのかなぁ??
私は父の往診の内科医が、何でもポンポンと処方するのが恐怖だったんだけどね。
怪しいものは飲ませなかったけど、それでもちゃんとレビーを患っちゃった以外は、父らしく人生を全うしてくれたと思ってますよ〜
Commented by ygracia at 2011-06-13 21:19 x
こぶたさん、コメントありがとう。
自然死を薦めるわけじゃないけど、人間のからだって、
一生懸命、自己調節するんだと思うのよね。。
もちろん、適宜な薬の力を借りて、タイミングもみて
がんばれるしね。
Commented by hokehoke at 2011-06-14 13:07 x
老年科では、高齢者は75歳以上を指します。最近の高齢者は元気なので、80歳で区切っても良いかも知れませんが・・。
老年科では、「必要な時に必要な薬を必要最小限の量で使用し、不要になった薬は速やかに止める」と言う大原則があります。それを知らない医師が多すぎると思います。
私は真の老年科医とは、「高齢者の場合、何もしないのが一番良い場合がある」と言うことを知っている医師のことだと思っています。
誤嚥性肺炎でも、治療の効果が上がらない場合は、速やかに治療をやめた方が、回復する確立が高いという事実を知って、愕然としたことを覚えています。
Commented by パタ at 2011-06-14 18:19 x
ygraciaさん、おっしゃること、よくわかります・・

でも・・でもね・・ケースバイケースなのかな・・って・・

うちの母の場合、心臓弁膜を取り替えたので、ワーファリンは一生飲まなければ、死んでしまう・・

血圧の薬、利尿剤、高脂血症、狭心症・・・

8種類も飲んでいます(涙)

いつも、頑張って飲んでる母の姿に 「なんとか減らせないものか・・」 「でも、減らしたらまた悪くなってしまわないのか・・」 このジレンマです・・

29日に外来なので、この思い、ぶつけてきます!!

ホント、薬のことは、難しいですね・・

Commented by ygracia at 2011-06-15 01:05 x
hokehoke先生、
私もこぶたさんも「命をまるごと」預かって
生きてみて、見えてきた事なんだろうかと思いました。
医師は治療がお仕事ですから、きっと治療と自然の摂理との狭間で思うこともいっぱいあると思うのですが、
本音を伝えて下さる人間らしい医師が増えてくれることを
祈ってます。
いつもありがとうございます。
Commented by ygracia at 2011-06-15 01:17 x
パタちゃん、コメントありがとうございます!
もちろん、お母様のように、身体機能維持のために必要なお薬は必要です。うちの母も8種類、+インスリン。

ここでのお話は、レビーの薬の処方がほんとうに様々すぎて、また薬に頼りすぎる傾向もあるので、こんな記事を
書きました。特に薬剤過敏のあるレビー。

レビーの介護を長くしていると、本人の底力を見ることが
できるので、薬に頼るなと言いたくなっちゃうのです。
またターミナル時期でも、そうでなくても家族はついつい
良くしたいという気持ちが強いので、薬付けになる可能性が大きいんだけど、薬の効果の時間とか、その効果を最大限に利用するためにカラダを休める時間とか、その人、その人の量と時間っていうのがあることを分かってほしくて。
説明すると長くなりそう。。
Commented by パタ at 2011-06-15 15:11 x
ygraciaさん・・

認知症、レビーも含めて「薬で治療」がまだよくわかっていないパタのコメント、お許し下さい(汗)

「本人の底力」が見えるのですね??

なのに、薬、薬と医者は処方する・・・

ドクターコウノがおっしゃる 「家族がさじ加減で決める」のも、難しいですよね・・

ジレンマ、かなりあると思います・・・

がんを患っていらっしゃるお母さまとうちの母を比較はできません・・

正直、パタ よくわかりません・・・

ごめんなさい・・



Commented by ygracia at 2011-06-16 01:54 x
レビーの家族の薬調整はそんなに難しくありません。
合い言葉は「盛っちゃう?」「盛ろう」「盛っちゃった〜〜」
毒を盛るみたいだけど、ちょっと飲ませてみようか、とか
ちょっと減らしてみるかとか。。を本人観察しながら
するんですけど、レビーは割と早く反応でるから、わかりやすい。なんともなければ「盛り続ける」でしょうし。
飲ませ方も一日おきにどのくらいとか、いろいろやってみないとわからないけど、家族はちゃんとわかってくると
思います。
耳かき一杯なんてこともあるんです。
錠剤なんて、包丁、ナイフ、なんかでパチンパチンですもん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2011-06-12 17:40 | 気まぐれなお話 | Comments(8)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る