涙で

暑い!
今日は車に乗る前に外気温をチェックしたら、なんと日当りでは38度。
夜7時くらいで35度じゃあ。

暑いので、外猫クロママも無防備に日陰のコンクリートのうえで寝そべってる。
夜は夏仕様の小屋も暑いのか、物置きの屋根の上に寝てる。
あっついねえと言うと、「あん」と答える。

昨日は倉庫で格闘。
熱中症にならないでくださいねと所長に言われたけど、
仕事開始30分で滝のような汗。
夫は運動しているせいか、汗はカラダのほうにはかいてるけど、
流れるほどじゃない。

まあ、働いた、働いた。
水分補給はちょっと時間的に余裕がなくて、ボトルも底をつき
そのまま帰宅。
家の前で500mlを一気に飲むくらい喉乾いてた、あぶない、あぶない。

倉庫整理、非常に順調に終了。
もう1回くらいいかないと終わらないかと思ってたんだけど、
夫も私も思い切りよくいろんなものの未練を断った。
しかし、あとから、大笑い。
夫が持ち帰る本、三島由起夫だのなんだの、、
私も装丁が美しい三島由紀夫の本、同じだからどちらかにしようと、私の勝ち。
原本の英語本に私はスペイン語本。これは夫の重要な原本のみに。
私ももう読まないしね。古本屋に売るほどの本でもないし。かびくさいし。
広辞苑に。。。
で、広辞苑は、家にも何冊もあるからと廃棄。

雑多なものの整理ついて、廃棄処分をお願いして
所長とお別れの挨拶。
ほんとに長年ありがとう。

さて今日は昨日の疲れはどこへやらで、お出かけ。
「ブラックスワン」を見てきた。
ひぇ〜〜という映画ですが、音楽と映像は美しく、
あとからいろいろ話がはずむ映画。
なんとなく「17歳のカルテ」を思い出した。

広場で、被災した茨城県大洗からの野菜などの市場があった。
おそばの高田屋も出店してた。

そこにいたのが、JDTA(日本ドックトレーナー協会)の保護した被災犬エールちゃん。
ラブラドールのきれいなわんちゃん。
おもわず、さわりにいって、おもいっきりさわったら、おもいっきり
顔と首をなめられた。
すごく嬉しそうだった。
もしかしたら飼い主のおかあさんも太ってた??
もっと遊ぼうと思ったんだけど募金箱が気になり
そちらにカラダを向けてしまったもんだからエールちゃん悲しそうに横を向いた。
ごめんね。
お買い物してからもう一回いったら、もうキャリーにはいってしまってた。
もう一度会いたいなあ。
3ケ月たっても飼い主さんは見つからないというので、1日から里親募集とのこと。
ほんと、うちに来てもらえたらどんなにいいか、、といっても
夫が犬にはなれてないし、ね。
猫多いしね。せまいしね。ラブちゃんにはかわいそうだ。
すてきな里親さんが見つかりますように。
JDTAに保護されて(保健所からだそうだ)ほんとに良かった。
JDTAのみなさん、ほんとうにありがとう!!

帰りの車ではエールちゃんのかわいく、元気なからだを
思いながら、でも目の奥はそこはかとなく悲しげで、
人混みのなかにおかあさんやおとうさんを探している空気が
それとなく感じられて、それを思うだけで涙がでてきちゃった。

命あるかぎり、人も動物たちもがんばって生きよう。


b0055939_0311316.jpg

by ygracia | 2011-06-30 00:31 | 気まぐれなお話


<< ピック病なら精神病院??? 生きること >>