ややこしいぞ

朝からまったく〜〜ということがあった。

朝、クロママにご飯あげてたら、小さいときからかわいがってもらってた
近所のおばちゃん(実際はおばあちゃん)と久しぶりで出くわして、
「ゆみちゃん、あんたむこうの町会に戻ったんだって。
なんて非常識なことするんだって思っちゃったよ」

「????」

そう、うちの地区はややこしいところで、うちの住所は「ひばり1丁目」なんだけど、
区分では「つばめ3丁目」のなかにうちの地区だけ組み込まれている。

昔は「ゆり5丁目」っていう町会だったんだけど、この「ゆり5丁目」を区が住居表示改革のときに
消してしまったので、当時の住民が反発して、長い間「ゆり5丁目」のまま
町会活動をしていた。
なんとか「ゆり5丁目」を復活させたかったんだろうけど、それはかなわなかった。

世代も交代して、しぶしぶこの地区はそれぞれの表示にのっとって
各町会に分散するはずだったんだけど。。
なぜか幹線道路の際にある地区は大通りを挟んで向こう側の
町会に区分されていた。

実際はこの大通りの向こう側って、生活圏じゃないのだ、こっち側の人には。
買い物への道も違うし、学校も違う。
せいぜい駅を利用するくらいだけど、それも実際は少ないかもしれない。

私が小学校の役員したときもうちの地区のこどもたちには、
小学校の避難経路も登下校経路もなくて、おかしいとは思いつつ、
一度だけ町会長に話した事あったけど、当時は区会議員さんが
地区にいて、すごく良くしてくれていたので、ま、いいかと流してしまった。

数年前に昔のことを知っている人たちなのかどうかは知らないが、
一部住民が、”ひばり1丁目”(これは広い地域で大きいもんだから以前は
私たちを受け入れないと拒否してたらしい)町会に入ろうと言い出し、
おばあちゃんたちが、各家庭を回っていた。
私のところにも先のおばさんが、来て、「戻るよ」っていうから
ああ、そうなんだと、ま、地名通りの町会になるんだくらいに思ってた。

で、その後、回覧板なるものもまわってこず、町会費は徴収するものの
町会の姿はまったく見えず。
どうやら、区の区分はそのままなので、大きい「ひばり1丁目」町会は
うちらの組を「保留」としてたみたいだ。

それから2年かな。
3月になって、おとなりから、「つばめ町会に戻るけど、だまってるのは悪いから」とお知らせがあり、
なあんだ、うちの周りはあそこもここも、みんな元の「つばめ3丁目」町会から動いてなかったんだと
初めて知った。で、私も一緒に戻った。

しかし、この「つばめ町会へ戻ろう運動」がでたきっかけは、あの震災。
おばあちゃんたちが、今の町会にいては、避難したときに「おにぎり」ももらえなくなる、
と騒ぎだしたらしい。
区の区分では自分たちは「つばめ3丁目」だから「ひばり1丁目」の人数にはカウントされてない。
これはたいへんだ、となったみたい。

おにぎりはもらえるでしょうけど(ただ、今回の震災で、避難所に避難していない住民が
お弁当など配給品をわけてもらえなかったという事実があちこちであったから
なんともあやしいが)区の区分変更は当分ない。
私が町会を手伝ってた数年前に区が言ったことと、今年も同じことを言われた。
「ここを変更するためには、幹線道路周辺、すべてかえなくちゃならないので、
それはまず不可能です」

しかし攻勢はこれだけじゃなくて、私が元のつばめにもどったら、
「ひばり1丁目」役員さんが、「勧誘」ではありませんといいながら、
説明にいらした。
区に今区分の変更の申請を出しているということらしい。
だからもうすぐ変更されるという。
その後、私の不在のときに、娘が対応したらしいけど、
娘も娘でおばさん相手に演説したらしい???

ということで、うちは区が変更した時点で正式にその町会に入ればいいと
決断。

ところが今朝、おばちゃんが言った。
「非常識なことだ」と。

おばちゃんつぶやいた。
「となり組がいなくなっちゃったよ」

そう、おばちゃんのとなり組は仲のよくないCさんの家だけになってしまった。

「どこにでも避難できるからだいじょうぶよ」と
その背中に言ったけど、聞こえなかったと思う。

なんだかね、町会騒ぎで、近所との中が悪くなるのはおかしいことだ。

それより、「つばめ3丁目」の避難場所は新築の小学校だけど、
みんな考えてないのかな。その前の道路の下は川なんだけど。。。。
そしてうちよりかなり低い場所。
そこにみんなが殺到したら。。。
建物崩壊はしないだろうけど、やっぱり何が起こるかわからない。

私はたぶんうちにいる。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2011-07-06 12:28 | 気まぐれなお話 | Comments(0)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る