母帰宅

今日は介護タクシーを予約。
電車で、スイスイと行ったのはいいけど、暑いからと一駅のところを
バスに乗ったのが、大間違い。
外循環に乗ってしまい、あれあれという間に,違う方向へ。
仕方ないから降りて、結局ホームまで徒歩。
大汗かいた。

介護タクシーはホームの地元のなので、ナビをいれて家に向かう。
ところが、ナビが良くない道を選んでたので、即効変更してもらって
いつもの私の通り道で帰ってきた。
とっても早くて、遠いのに、安かったので驚いた。
また早めの予約をしておこうっと。
ベッドtoベッドだそうで、次回からはお願いしちゃお。

母をおろして、家にいれてベッドに寝かして、車を駐車場に入れにいくって
いう作業がないだけで、からだの疲れがぜんぜんちがう。
母はちと物足りなかったみたい。
好きなように足を組んだり動かしたりできないからかな。
でも飴なめて、サイダー飲んで、多摩川眺めていい気分だったかな。

夕飯はお茶碗軽く一杯分のご飯を3つの小さいおにぎりにして
手渡ししたら、全部食べた。
おつゆは具はいらなくて、汁だけ。
カニクリームコロッケはこれも小さく一口で口に入れられるサイズで
手渡ししたら、一個全部食べた。
デザートのみかんゼリーはひとくち。
メイバランスの残りをコップにいれたらそれはキャラメル味なので
飲んだ。

確かに少量。
でも、家に帰ってきてから、とにかくちょこちょこ、アイスの実や、
サイダーや、ポカリや、ちょっとづつ口にさせると
イヤとはいわない。
でもこれはホームではしてくれないな。

飲み込みも悪いわけではないけれど、お腹がそんなに空かないという
ことはほんとうなのかもしれない。
とろみをつけても、結局食べる量は同じ。

母も9月で88才、
今、元気でいることを感謝して、今日もオムツを交換。

本日は診察だけど、家で尿を取っていくので、これが大課題。
朝の3時か、4時か、出てくるところを待ち構えなくちゃならない。
先ほど交換ででてきちゃったのに、カップを用意してなくて、、残念。

見た目は変わってなかった母もパジャマに着替えるときに
からだがやせてきたこと発覚。

検査結果次第で、早めの在宅開始かな。

母が聞いた。
「今回は何日いられるの」

もう帰ってきたんだよって早く言いたいかも。
by ygracia | 2011-07-12 00:28 | 母の記録


<< かけひき ふとりすぎ >>