かけひき

母、やはり食事拒否。

寝てばかりなので、脱水起こしてるんじゃないかと
ときどき、起こしてポカリや、アイスの実を口にいれる。

でもいらないそうだ。

尿量はいつもとかわらない。

とうとうお昼抜き。

いらないのと聞くと、「けっこう!」

どうにもならないから、あきらめ。
ほんとはあきらめちゃいけないんでしょうが、無理にして
誤嚥の可能性もでてくるといけないし、やめた。

エンシュアはきちんと飲み干す。

母の夏服が何にもないことにきがついて、娘とダイエーへ。
いままではおしゃれなものって、いつも思ってたんだけど、
いいものはホームでほとんどシュリンクされちゃったし、
今年は節電で、ホームも暑いし、
寒がりの母が、病院に行くときに、「暑い!」と怒った。
去年まではサマーカーディガンがないと怒ってたのに、
今は違う。

今日は、私のチュニック着せてたら、寒いと言わないので、
じゃあ、綿のものでいいんだわ〜と早速買いにいく。
ただし、難しいのが、襟ぐり。
襟ぐりがあいてないとパニックになる。
昔もしょっちゅう、「切って、切って」と騒ぎ、
あげくのはてに、「はさみもってきて」と叫んでた。

ちょっと前までは長袖じゃないといやがったんだけど、
今年は何も言わないので、7分丈でだいじょうぶそうだ。

なんとか、間に合いそうなものを買い込んだ。

夫に母の監視を頼んでみたら、
「ずっと寝てる」とのこと。
万が一ってこともあるので、ベッドはいちばん低くして、そばに掛け布団を二つ折りに
しておいてみた。
どこかでシナプスつながっちゃうと、動くかもしれないから。
置いてでるのは初めてで、ちょっと怖かった。。

ところが、曝睡してたとのこと。

うちもかまとばあちゃん状態が始まるんだろうか。

夜はなんとか起こして、娘が作ったカリフォルニアンロールを出したら、
海苔はだめで、中身のお肉とたまごなどを少々食べただけ。

だいぶ脅しをかけてみた。
「おかあさん、チューブで栄養いれるようになるけど、いいの?」
「いやだ!」

とあわてて、食べる。

この脅しは家族だからできるんで、施設でやったら、虐待になるのかも〜〜

でも様子をみていると、すぐ胃がいっぱいになるようだ。
やわらかすぎるのもいや、ペーストもいや、ほどよいソフトがいいのかもしれないけど
それもほんのちょっとでいいらしい。
「家庭でもできるソフト食」なんて本があったけど、
私ももう気力ないから、明治かキューピーに頼りそう〜〜

なんだか、いろいろ考えちゃって。
父とは全く違って、「平穏死のすすめ」が頭の上をちらつく。

母は、めずらしく、テレビ見てるので、車いす(ふつうの)にすわったまま。
もうすぐ一時間。
呼ばれるまでいかないぞ。

だって今日は一日中、寝てたんだからね〜〜

明日はCT検査。。
できるんだろうか。。。
by ygracia | 2011-07-13 21:17 | 母の記録


<< みんないっしょに。 母帰宅 >>