みんないっしょに。

今朝は漏れないうちにと思って朝方パット交換して、そのまま二度寝してしまって、
寝坊。
もちろん母も曝睡中なので、問題無し。

父のときは、とにかく吸引があったから、寝坊なんて許されなかったし、
寝ることもできなかったなあ、今は呑気だと思った。

母、今朝は、しっかりトースト一枚(ママレードつき)
あんこ小皿に山盛り。エンシュア一本、かぼちゃスープ一杯。
しっかり食べた。困るのが生野菜。しっかり吐き出す。
ま、昼にサンドイッチの予定だからいいか。

結局お腹がしっかりすくのを待つとすると、時間が必要ってこと。

案の定、お昼はいらないというので、検査終わってからにしようと決めた。

CT検査は心配をよそに、ベテラン看護師さんに母をさらわれて、10分もしないうちに済んじゃった。
立てません、と伝えても、「はい、だいじょぶですよ」とそのまま、行っちゃったわい。

待ってるときに、ひとりで車いすにすわってた入院患者のおじいちゃん。
受付の人に「トイレにいってもいいですか?」
「はい、どうぞ、ひとりでだいじょうぶですか?」
「あの、トイレにいってもいいですか?」
「だけど、ひとりでだいじょうぶかしら」
「はい、だいじょうぶ」
となんだかあやしげに立ち上がったものの、足がスムースじゃない。。
そこへ、看護師さんがきて、「あ、腕のネーム見せてくださいね」と言ってると
担当看護師さんが、「トイレですって」
「あら〜〜ひとりはだめだめ〜〜」
とあわてて、車いすで連れて行った。
ネームタグが付いている方は認知症と判明したわ。。
歩けないのにたちあがってました。。。

母はがんばってCT検査をして、帰ってきたので(たいへんだったと言ってるけど)
病院の外のカフェに寄ることにした。

このカフェ、歴史は長い。
母が元気な頃、毎回診察帰りにひとりで寄ってたところで、
おいしいサンドイッチとコーヒーがある。
昔たぶん、第一次脱サラブームのときにお店を構えたマスター
なんだか、ちっとも年取らないでいる。
で、愛想はまったくないが(失礼)とにかくおいしいので続いている。

奥に4人向けのテーブルがふたつあって、
手前のテーブルに母の車いすを横付け。
せまいので、トイレにいく人がいたら、どかなきゃならない。
注文して席についたとたん、
車いすの障害者の方がふたり入ってきた。
私たちはすぐに奥のテーブルに移動。

おひとりはお元気で、車いすの方をおしていらして、
注文もしっかりなさってた。

マスター、「持てますか?持てませんか?」と
ジュースとラテを目の前にして、その方に言う。

だまってテーブルに運べばいいんでしょうけど、
なんだかマスターらしいなあと思った。

スタバのお姉さんだった娘は、「スタバはだまって運ぶのよ」と言ってた。

母、ツナサンドをぺろり、レタスもバリバリ、さすがにキュウリは出されちゃった。
アイスカフェラテを一杯ごくごく飲んだ。
おいしかったって。

食欲不振ってのが、、よくわからん。。。
単純にオナガがすいてないのか。
まえに誰かにいわれたとおりか、、、

おとなりの方もにこにこしながら母を見ていた。

帰り際、その方が「ありがとう!」って大きな大きな笑顔で言ったので
ものすごく嬉しくなって、私も100倍笑顔?で返した。

今、身体不自由で歩くのもままならない我が娘が、
「一生懸命生きている人がいる、、、」とつぶやいた。

今日も熱中症にならないかと気をつかいながら、
私の首にはまわらなかった、ひんやりネクタイ?を母につけ、
娘が傘を左から、右から母にかざしながら、日を避けて病院まで8分ほど。
まるで、韓国ドラマの時代劇の皇后が、日差しのなかを歩くみたいな、
娘と私が女官だわね、
「オマママー」といいながら、熱風のなか歩いた。
ポカリ補給しながら。

でも高齢者にはやっぱり危険だわ、、、、
Commented by パタ at 2011-07-15 18:05 x
ygraciaさん、 ごめんなさい、最後のくだり、笑ってしまいました ^^;

そして、娘と孫に支えられて、お母さまは幸せだなあ~~って思います^^

ある意味、認知症の方は、「自由人」・・・

おなかが空かなきゃ、食べないもんね~~って感じでしょうか? うちのママもそうです(汗)

最近、母がこうなってから・・「怪しい高齢者」が目につきます >< つまり、「認知症」だなあ・・という方がよく目に入ります・・

それと・・介護施設も・・・今まで、自分には関係ないとスルーしてたんでしょうね・・

こんなところにも。あんなところにも・・って目に飛び込んできます。

↑ ↑ その喫茶店、パタも行ってみたくなりました^^

娘さんもお疲れさまでしたね。

ゆっくりお風呂に入って下さいね!!

Commented by ygracia at 2011-07-16 12:24 x
パタちゃん、ありがとう♪

確かに母は「自由人」だわ〜〜

私が文句言うと、私を「あんた、なにさ!」と睨みつけます〜

そうね、自分が「認知症」と関わるようになったら、介護の現場でも、街なかでもどこでも気がついちゃうようになるものね〜〜

パタちゃんも暑いからほんと気をつけてね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2011-07-14 17:17 | 母の記録 | Comments(2)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る