復活?

台風のおかげか、気温がすこし下がってることで、私も楽になった。

これだ!っていう症状が出てこなかったので結局病院へは行かず、
寝て過ごした。

今日は一年ぶりで地域認知症ケア連絡会に出席。
ずっと世話人に名前乗ってるのに,何にもしないでて、心苦しかったけど、
やっと出掛けられた。

ところが、着いたら、どうやっても8人しか座れない場所で、
先に来ていた方と、「だいじょうぶだろうか」と話してたら、
やっぱり、15人集合。
台風なのにお店は満席で、空いてなくて。。
ぎゅうぎゅうづめ。
お隣のお姉さんは私につぶされてたし〜〜
司会は立ってるし。。

やっと席があいたので移動したけど、また詰め込みで、
3つの椅子に4人。
私の両隣は私の発する熱できっと暑かったことだろう〜〜〜

連絡会は久しぶりで、懐かしい顔に会ったので、楽しいと思った。
またみなさん、自分の意志でこういう活動を長く続けられていることも
すごい。

私は暢気な主婦だから、時間もあるはずだけど、なかなかね。
モチベーションあげるのも大変だ。
意見といっても、結局ね。。なんだか、家族目線でしかないんで、困ることは困るけど。。
ま、参加することに意義ありで、許していただこう。

認知症を理解するために先日、映画鑑賞会があったという。
小児がんの子供たちを追った映画だそうだ。

「命」という焦点から、また認知症のパーソンを見つめようということか。

私も海外からきた、白血病の子供を病院内でお世話していた時期がある。
小児病棟は家族でも許可なく入れないので、私は特別許可となっていた。
同室の6人の子供たちの顔も、家族の顔も医師の顔も覚えている。
いろんなことがあった。
その子供たちもみな天国に遊びに行ってしまった。

だからその映画を見たくなかったのが本音。

明日を夢見るこどもたちと、人生をまっとうして残る日々を過ごす認知症のおとなと、、

命に差別はない、病気にも差別はない、

でも、なんだか無理矢理結びつけるのもいやだ。

命はいつでもどこでもだれでも動物でも、、同じだ。。。


しかし。。。。


うちで保護してるアゲハチョウのさなぎが羽化しそうと、
楽しみにまってたら、、、
消えた。。。
残骸もない。。

入れ物がひっくりかえり。。。

なぜか5匹の猫どもは、全員そろって曝睡中!!


5匹の顔を見るたびに、「あんたたちをそんな残酷な子に育てた覚えはありません!」
とつぶやくのだが。。

謎は解けない。。。。。。
by ygracia | 2011-07-21 01:22 | 気まぐれなお話


<< 今日も楽しく 情けなく >>