マンモデビュー

ぬふふ、マンモグラフィーデビューをしてきた。

ま、いろんなとこからお話は聞いてたものの、
思わず笑いそうになっちゃったけどグッとがまん。

一生懸命働いている女性技師さんに申し訳ないから、笑わないようにしたけれど、
ほんと笑っちゃいそうだった。

なぜかっていうと、お○○いの下からの余分なお肉っていうもんが
邪魔なのですよ〜〜
だから技師さんが一生懸命、なでて寄せてくれるわけ〜〜

まずは上からつぶして、次は横、合計4枚だけど、
私は最後にちょっと動いちゃったらしく、取り直し。

脂肪のせいか、弾力ありすぎて、あんまり潰れてないような気がしたのは
気のせいかなあ。
脂肪多いと映りも良くないかもね〜

マンモをじっくり観察、へ〜〜日本の機械だ。
感じた事は、もっと簡単にお○○いを置けないかなってこと。
女性技師さん大変だもん。
私は背が低いから、背の高い技師さんが、上から横から
手を伸ばして、さっさとひっぱってくれたけど、
大変な作業。

超音波は、二人がかりで、じっくり観察だったので、長かった。
思わず寝ちゃいそうだった。

まあ、来週には結果がでるので、ま、それはそのときに。

で、帰宅したら、区から乳がん、子宮がん無料検診のお知らせが来てた〜
ま、いいけど〜〜


b0055939_0561156.jpg

by ygracia | 2011-08-17 00:56 | 気まぐれなお話


<< 生きる いっつも >>