神様の贈り物

なんだか映画のタイトルみたいになっちゃった。

昨日、4年ぶりで帰国した友に会えた。
2年前に声聞いてるけど、顔見れて安心した。

ついでにずっと御無沙汰してた仲良しとも再会。
目と鼻の先に住んでるのに、会わないって何なんだろう。
それでも会えば、昨日も一緒だったような気分。

とにかくこの繋がりは何とも言えない繋がりで、
絆ということばも違うし、
生の絆っていうのか、よくわからない。

異国の地でさらけ出し合った心のつながりというのだろうか。

何年会わなくても変わらない。
まだおとなになっていない?私を知ってるというかなんというか。

ついこの間ブログに紹介したjoyのママだ。

この2年の間に病気をして、大変だったし、今も体調は万全では
ないけれど、会えた。
良かった。

ちょっと前に偶然にjoyを見つけて、そしたらすぐに神様がママのほうを日本に
送ってくれた。

たったの数時間だったけど、話は尽きず、スペインの現在の政治の
話までになっちゃった。
日本と変わりないって。
人材はいなんだそうな。
あちこち汚職もあれば、失態ばかりなのに、議員は変わらず。
経済も最悪だそうだ。

世界中そうなんだねえ。

目の前にいる友ふたり、いつもの光景で当たり前なようなのに、
考えてみたら、ほんとに、「神様の贈り物」のように思えた。

さ〜〜て、夫さんに夕食作らなくちゃ〜
今日のベランダ収穫のとうがらし(今年は豊作すぎて〜)で
ペペロンチーノでいいや〜〜〜
あれ、夫さんのからだに良くないかな、ま、いいか。
by ygracia | 2011-09-17 18:28 | 気まぐれなお話


<< 宇宙から 認知症予防と新大久保 >>