認知症ケア専門士

今日と明日、横浜で日本認知症ケア学会が開かれている。

私も行く予定だったが、体調、気力ともダウンしていて
断念した。

レビーに関しても、河野先生の講演(25日9時から第2エリア会議センター)
はもちろん、いくつか大きな流れがあることだろう。

気力が伴わない私はどうしようもない。

認知症ケア専門士という肩書きをこのごろよく見るようになった。
国家資格ではないけれど、
ケアマネさんからもらう名刺に結構書かれている。

東京都ではやっぱり世田谷区がダントツで専門士が多い。
行政できっと勧めているんだろう。

杉並区も多い。
やはり積極的な活動がある区が多いわけだ。

品川区というと、ま〜少ない。
在宅認知症ケア連絡会の方たちの名前がほとんど。

私も認知症コーディネーターっていうのをどこかで見て、
そういう資格ってないのかなあって思ってたけど、
ほとんどは、ヘルパー何年とか介護士取得、職歴何年という条件が
あり、いまからヘルパーにはなれないし、そのヘルパーも
なくなるだろうし。

そんな中、資格は問わない認知症ライフパートナーを受けたけど、
これも毎年の更新料がかかる。
また応用検定はやはり専門的なので、研修受けないと
一般介護家族にはちょっと難しい。

介護経験だけではな〜〜んにもできないわけだ。

世の中、資格がないと、一丁前に意見も言えないってわけか。。。。

介護家族が勝負できること、それは精一杯のまごごろと、愛だわさ〜〜〜〜

それでも社会にはなかなか通じない。。。。
by ygracia | 2011-09-24 18:48 | 気まぐれなお話


<< 河野先生の空爆 台風とインナーマッスル >>