ストレス減少

夕べは奇跡がおきて、母がぐっすり眠って、朝の5時まで起きなかった。
私は何回か様子をみにいったけど、朝方安心して眠りにつき、
ひさしぶりですっきり目がさめた。
ベットを部屋の奥まったほうに移動したせいか、心地よかったのか良く眠ってくれて、
今日は一日、おだやかな母だった。
ヘルパーさんとケアマネさんが飛んできてくれたんだけど・・
トイレトイレとも言わなかった。

b0055939_2133111.jpg


ヘルパーさんを頼んだことで私の気持ちが少し楽になったせいなのか、
慣れてきたのか、今日は母にも落ち着いて接することができた。
ゆうべも「おかあさん、いやなことばかり言ってごめんね」とあやまると
「何いってんの~」と昔の私の母だった。

うちには猫が4匹いて、それぞれかわりばんこにベットにつれていき、
抱かせる。
猫たちは母の匂いがかわったせいで、ベットに一緒に眠らなくなった。
でも抱かせると、母も元気になる。
今日は好きな時代劇チャンネルにしておいたので
「今日は特別なのかしら、いっぱいやってるのね」と真剣にみていた。

母に優しくしている間、父はほったらかし。
夕べはベットの位置がかわったせいで、トイレにいったあと、
パニック。長い時間、タンスの前にたち、悩んでいたらしい。
お風呂に自分ではいってくれたけど、そのあと、ベットに入るまでが
長いのなんのって。
手伝えばいいんだけど、何もしなくなるので母の注射をしながら、
横目でみて指示。
今日は体操もなし、モーツァルトを聞きながら眠った。

両方、完璧にはやっぱりできない。
ヘルパーさんに頼んだのは、入浴、掃除、
なんかいろいろ細かくあるらしく、身体介助や掃除で2時間うめられるか
どうかとか。
でも食事はいいし、洗濯も別にいいし、とにかく1時間でも
母に呼ばれない時間が私がほしいんだけど、これって見当違い?
保険を使うのは母たちだもんね。
でも来てもらって掃除をしてもらって、気持ちよく母たちが
過ごせるんだからいいよね、ほんとに。
利用者が多くて、ヘルパーさんも足りなくて、調整が大変だったようだけど
なんとか19日からきてくれることになった。
まず、眠るぞ。
by ygracia | 2005-01-13 21:27 | 今日のお話


<< む・り・ におう日 >>