人の痛み

「人の痛み」を解れと良く言われるけれど、実際のところ、
経験してなければ、想像でしかないわけだ。

キリキリ痛いのか、シクシク痛いのか、ズキズキ痛いのか、グーンと痛いのか。。。。

私も骨折、手術して、母がこんなことに耐えてきたのかと初めて分かった。
足を切ってくれって、本気で思うくらい、術後はひどい痛みに襲われた。
どこまで堪えればいいのかわからなくて、気が遠くなった。ほんとに。
お産の痛みのほうがずっと堪えられるって思ったくらい。
もう、骨は折りたくない。

というわけで、今の母の痛みがわからないから、悲しい。

昨日の咽せ事件は幸いになんともなかったけど、一晩中不安だった。
声がかわってれば、何か誤嚥している可能性もあるというから、
鼻声になった母にびっくりして、恐かった。
また、咽せたときに背中をたたくのも良くないそうで、まいった〜

今日の母は便がたまってきたせいなのか、癌の痛みなのか
わからないが、今朝から機嫌も悪く、朝食もちょっと食べて、あとはしかめつら。

便が出ていないので、レシカルボンを入れてみたのだか、
申し訳け程度の結果。
で、いちじくもしてみたけど、これまた申し訳け程度。

だらだらと一日中、不機嫌を引き起こしてしまった。。便対策しなけりゃ良かった。。

おしりも痔があって痛そうだから、ボラギノールをいれる事に。
母にも言うと「うん、わかった」と言った。
炎症は取れるから、本人は良かったらしい。

午後になって、どうにもこうにも疲れ果てた、私、
微熱もあって、そのまま、ベッドへ。
夕方まで寝てしまった。

母はぐたぐたしてたらしい。

痛いのかって聞いても、痛くない。
その数秒後には、う〜〜ん、う〜〜んと唸る。

一応痛み止めはもらってるので、飲んでもらったけど、30分経っても
寝ない。

なんだろうね。。

命をまるごと預かることは、覚悟してても、やっぱり難しい。


今日は大好きなオートミールも、生クリーム浮かせたココアも
ちっとも喜ばなかった母だった〜〜
by ygracia | 2011-11-30 02:12 | 母の記録


<< きりたんぽ 気を抜けば >>