きずな

やってくれました〜
母の反撃。

今日は大晦日、早めに母の夕食を済ませて、ゆっくり
家族で食事しようと、昨日言ってたら、母、朝から不調。

朝、おむつ替えの最中から、吐き気に襲われた母、
どうみても吐きそうなので、吐いてと言ってるのに、
がんばっちゃって、吐かない母。
それも気持ち悪いらしく、からだを揺らし過ぎ。
上向いて吐いたら,咽せる。

大慌てだった。
熱を計ると37.7。
血圧も高い。
吐き気のせいで、震えと荒い呼吸。

訪問医に連絡いれたときには、吐き気も治まってた。
いちおうカロナールで様子をみるようにとのこと。
熱は38.3まで上がり、夕方になって37.9

今、ノロやお腹のかぜが流行ってるとの事で、家族にそんな人がいないか
聞かれた。
いないので、母単独ということになる。

癌でも発熱してくるとのことで、これからもこういうことが増えるのだろう。

それにしても母、昨日の私の話聞いてて、私を引き止めたのかなあ。

でも婿さんが、「お義母さん、だいじょうぶ?体調は?」というと、
満面の笑みで「好調です」と答えてた。。。。

夫は「やっぱり、親だね、こどもに心配かけたくないんだよ〜」と
おっしゃるので、私は???だけど、「そうねぇ」と答えておいた。

いつ変化するかわからないし、水分補給も大変なので、
家族の夕食はお鍋にして(いつもだけど)準備した。
時間が来たら、適当に食べてね〜〜って。
シャンパンだそうか、ワインはどれ、と張り切ってた夫は
力なく「うん。。。」

しかたないですよ、
ゆく年くる年が始まるころ、乾杯できれば。。。いいけど。。。

まいったね〜〜〜

「きずな」ということばが飛び交った今年。
きずなって、つなごう、続けようとちょっとした努力をしないと
つながらない。

友達関係もそう、だまっていてもたまに会っても、通じることはあるけれど、
やはりそうなるために、努力しなくちゃいけない時期もある。

てな私もあちこちに不義理していて、きっとひどい人だと思われてるだろうなあ。
誤解したまま、別れた人もいるけど、人生長くやってくると、これまた
もつれたものをほどくのもめんどうになっている。

返しそびれた本が出て来て、顔も経緯も浮かぶのに名前も住所も忘れちゃった
なんて、私もだらしないひとだ。

仲良しだったはずの友人に言われた。
「時間は作るものよ、会いたいといってるときは会うべきよ」って。
そのときの彼女は怒ってたっけ。それっきりになっちゃった。。

でも言い訳がましいが、いっぱいいっぱいのときってあるんだから
仕方がない。

きずなをつなげなかった人々への懺悔と、今きずながある人々へ
やっぱり努力しながら、大事にキープコンタクト、していきたいと伝えたい。

そんなこと思いながら、母の体温計とにらめっこ。

今日で2011年も終わり。
このブログを覗いてくれてる50人ほどのみなさまへ、
いつも飽きずに来てくれてありがとうございました。

またのそのそ、続けたいと思います〜〜〜

来年もよろしく!!
by ygracia | 2011-12-31 17:31 | 気まぐれなお話


<< 「認知症は治せる」ということ お正月ねぇ >>