真夜中に

なんだかバタバタしていて、結局、夜まともな時間に眠れなくなった。

おまけにおひなさま出そうといろんな場所をいじりだしたら、
またまた荷物整理が始まっちゃって、毎日、とんでもないことに。。

で、家族から、やることが極端だと怒られて、ボチボチにしてみたけど
性に合わなくて、毎晩ガタガタやってる。

今日もパソコンは息子に占領されてたから、片付けしながら、
私が海外に行ってた青春時代から、子供が生まれるまでの
母と父と義母と義父からの手紙なぞを読み返し、
ほとんど忘れてたことを懐かしく思い出したりしてたら、
眠れなくなっちゃった。

手紙なんてもんも、文人や政治家なら、取っておかれてもあとで
有意義なんだろうけど、残されたって困るのがほとんどだから、
捨てることにした。

昔、海外から東京の親友に書き続けていた手紙の束を
青春の思い出ね〜と返されたんだけど、
ま〜〜顔から火が出るくらいに、恥ずかしかった〜〜〜
もちろん処分しちゃった。

若いときに知り合った人のなかに、後に世間で知られている方とか
がいたりして、自分でも驚いたりして、その方も
もう亡くなっていて、やり取りした手紙なども
先日捨ててしまったので、ちょっと残念だったけど、
やっぱり、結局は私だけの思い出だからね。。

夫は自分の母親からの手紙は大事に大事にしまってある。

夫からの重要な手紙は、夫婦喧嘩したときに、破って捨てたので、
夫はどうしてそんなことするんだ、と残念がってた。
あとで、やっぱり証拠として(何の??)取っておくべきだったと
ちょっとだけ思うけど〜
私からの手紙は取ってあるらしい、見つけたら捨てちゃいたい〜〜

そんなこんなで、ほこりの部屋に居る母のお骨、ほこりかぶるから
風呂敷かぶせられて〜〜
納骨は3月23日なので、それまで、母もがまんの日々???かも。
早くお父さんと並びたいだろうに。
ま、もう一緒にいるんでしょうから、いいかあ。

マドリッドの友から電話がきて、母がきれいだったと聞いて
よかったねえって。

母宛の手紙もいっぱい残っているけど、私が好き勝手していたときに
母にあった友人たちは、みんな母に手紙を出し続けてくれていた。

今はおそらくブラジルにいるだろう、ゆきや、
KちゃんもJちゃんも、わたしが忘れている人々も
母を気遣い、いろんな場所から手紙を書いてくれていた。

感謝でいっぱい。

感謝しながら、真夜中に断捨離中。
Commented by たか at 2012-03-05 13:51 x
私も、自分の身の回り断捨離しないといけないんですけど、
これがなかなか出来ませんで~
やり始めたら、止まらなくなるので( ̄へ ̄|||) ウーム
ygraciaさんを見習わないと・・・ファイトー!
でも、寝不足すると身体によくないですから、少しでも寝てくださいね。
Commented at 2012-03-05 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2012-03-05 05:00 | 気まぐれなお話 | Comments(2)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る