こころを追い求めると。。

5月は自分のなかが壊れてた。

パソコンで言えば、ディレクトリーのファイルの整理が出来てなくて
ゴチャゴチャになってる感じ。

何かを探さなくちゃ行けないのに見つかる分けないほどの
数で最後はあきらめてしまう。。みたいな。

「整頓」をクリックするように、こころのなかもワンクリック、、
できれば簡単だけど、そんなことで整理されるわけもなく。。

一生懸命、自分の使命を確認しようと思っても、偽善じゃないかとか
その前に自分の中身がないじゃないかとか、
じゃあ、何のために生きてるのかとか、
とてつもない宇宙の空間にふわふわ漂い始めた自分に
(私がふわふわというのを想像すると、コミックになっちゃうけどね。。)
ほんとにどうしていいのかわからなくなってた。

そんななのに、毎晩父と母に謝る自分がいたり、ちょっとしたことで
涙が溢れたり、ちょっとばかりいい加減にしろ、自分、ていうところもあった。

結論はでないけれど、「ゆっくり」と「命」を味わいながら生きてくことが
いいのかと思った。
まわりにも「命」がいっぱいあって、みんなそれぞれに生きている、
真剣な思い、怒り、逃走、金儲け、涙、無知、なんでもひっくるめて
生きてる。

朝、ゆるりさんのブログを開いてたら、夫が覗き込んで来た。
「ほら、レビーのお父さん連れて旅行行ったのよ」
「お〜〜いい笑顔だね」
「ね、こんなに家族大事に過ごしてる」
「おれはね、おふくろもおやじも見てやれなかったなあ。
いっしょに居られるならそれが一番だねえ」

で、ふたりでお茶をすすりながら、またちょっと涙したり。。

え、私たちまだそれほど年とってないけど、、、

先月はレビー語りたいなんで豪語してたんだけど、お声も
かからず、一気に意気消沈。
レビーと連呼すると嫌われるとほんとに思っちゃう。
でも現実はまだまだレビー知られてない。
だからまだまだ家族の発信していかなくちゃいけない。

だけど、今は、もっと静かに熱くアピールしてこうと
「ゆるりん通信」の編集会議開始。

仲間の「ライフワーク」と言ってくれたことばに
うれし涙を押さえながら、紅茶割をグイッと飲み干した〜〜

今日から早寝に切り替えるぞ。
成長ホルモンで、脳の神経修復もしてかないと
やばいと、今頃反省。

ピラティスで内筋鍛えて、早寝で脳を活性化させて。。。
食べる方と飲む方。。。どうしようかなああ。

外猫用新猫小屋組み立て終了。
汗だくで作ったけど、だれも入った様子なし。
一応夏仕様なんだけどなあ。。。

b0055939_13274116.jpg

by ygracia | 2012-07-16 13:29 | 気まぐれなお話


<< yoi、kibun~ 厚労省「今後の認知症施策の方向... >>