私自身の場所へ

夜も大浴場にいるみたいな、、(みんなサウナと言うから変えてみた。)

暑い。
発表温度は32度、玄関外に置いてある温度計36度。

昨年は節電だったけど、もうダメ〜〜

連日おでかけの私、まだおでかけ中。
なぜ、いろんな集まりがすべて月末なのか、、わからない。。

今日は古巣の日本語教室総会へ。

母の足の骨折から始まった私の介護人生、父の認知症、
母の脳梗塞そしてアルツハイマー、
レビーとの闘い、病院、死、母、、癌。。看取りまで、
なんと18年の歳月が流れていた。

最初の頃はそれほど介護を意識してなかったし、
日本語教室も続けていたし、チャレンジもしてたし、
人生の基本のところで自分のビジョンは
変わらなかったように、
こころがぶれることもなく、人生過ごしていた気もする。

それから、いろんなことが起きて、いつの間にか、
ひとりで悩み、
ひとりで決めて、ひとりで過ごして来た。

知らないうちに、心がいつも揺れるようになっていた。

昔の仲間の笑顔を見ながら、人生の先輩でもある仲間たちからも
多くのことを学びながら生きていた自分を思い出した。

介護が始まってからも人生を教えてくれてた先輩ばかり。

そろそろスタートの場所にもどってみようと考えてたら、
偶然にふたりの仲間から電話が入った。

そして、仲良しとの再会に心が躍ってたら、仲良しはドイツへ。
ということで、その生徒さんを引き継ぐことになった。

介護の世界とは異なる場所で、続いていた自分の世界。

仲良しと時間も忘れて、ずっとおしゃべり。
元気で良かった。

心がずっと軽くて気持ちいい。

何年も前、クラスを終えて、歩行器を押して帰る80代の先生を
バスにお乗せして、、、その夜、先生は亡くなった。
あの日、私もそういうふうに生きたいと決心してた。

先生の穏やかなお顔を思い出し、涙があふれた。

そして、今、先輩たちも生きている。

自分が選んだ場所で、自分の使命を信じて。

なんと言われようと、人間、みんな生きている。



なぜか、テキスト見てワクワク。。。
b0055939_2173015.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2012-07-31 02:17 | 気まぐれなお話 | Comments(0)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る