猫まみれ

わが家には猫がいっぱいいる。いっぱいね。

父の介護中に増えた。
これも精神的逃避と言われたら、そうかも、、と思いつつ。。

大通りに捨てられた子、
からすに襲われた子、
引っ越しで捨てられたロシアンブルー、
なんだかわからず入って来た子たち、
年老いた子、
いろんな猫生の子たち。

1階と2階に別れて住んでいる。
ま、それぞれ散歩で3階まで行き、ベランダ散歩する子もいる。
屋上散歩は去年亡くなったトラの特権だったけ。

6才から15才くらいまで。
みんなマイペース。
ケージで療養中もいる。

そこにちょっと保護猫3ケ月未満のが現れたんだけど、
よくよく考えると、この子の猫生に最後まで責任負えないって
気がついた。

(最初から気がついてはいたけど、なんとかなるさ、が問題ね〜)

私だっていつ倒れるかわからないし、家族は誰も責任は
追ってはくれない。

とりあえず、子猫はなんとか里親探して、
うちの子たちのためにとにかく10年、健康で
がんばらないと、、、、って思った今日。

多頭飼いの飼い主が入院や急逝で、周囲が迷惑するニュースは
良く聞くけれど、
自分がそうならないように、、ああ、心しなくては。

あ、猫ブログではない。


幸せいっぱいの12才と10才コンビ
b0055939_2082454.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2012-08-16 20:15 | 気まぐれなお話


<< シニアパソコン作業事情 認知症の「当事者」ということば。 >>