認知症になっても

先日、国際医療福祉大学大学院のゼミと公開講座に参加した。

たまたま先生に声をかけていただいたので、特別参加。

認知症宣言をなさっている佐藤雅彦さんと
サポーターの永田久美子先生が参加。
あとから日曜日にお会いした中村成信さんと前田さんが参加。

院生の方々は私と同世代か、もう少し上の方々だけど、社会で
それぞれに活躍されている方々。
お仕事終えてからの参加。
世の中、いろんな場面でいろんな角度から社会を良くするために
人が集まり、意見交換をしているのだ。

佐藤さんのことばは、ほんとうにひとつひとつが心に染みる。

高齢でも若年?でも、生きる人の姿には変わりない。

高齢だからこそ、時代の差もあり、口を閉ざすこともある。

「迷惑をかけないように」「潔く」


いろんな人がいるんですよ、認知症と言っても、みんなそれぞれなんですよ、
と語るおふたりの姿に、

どんな、医師よりも、どんなカリスマ介護職よりも

こころに、直球うける。。。


「友だちとして」ふつうに過ごせること。

中村さんと佐藤さんの掛け合いトークのなかに、
「どん底に落ちたけど。。」ということばがあり、
そこから、それぞれのきっかけで、また前向きに今を生きていくようになったこと
を話される。

おふたりが全国をまわるのではなく、地元の声を聞いて
という。

ガンにかかった友人と時間を共にすることも、
認知症にかかった友人と今日を感謝することも、

人として当たり前のことなのだ。

人として当たり前のことなんだ、、、けど、またそれが
大きなひとくくりの流れになっちゃわないように、、、
祈りたい。

認知症、正しい理解は必要なのだ、忘れないで。
おふたりもちゃんと言ってる。

ひさびさに大学院の空気を吸って、あ〜〜いいなあって、思った。
またサテライトで全国つながっちゃうのも時代だわねえ、と。遅いけど、、。

私は「認知症宣言」するんだろうか〜〜〜

3つの会

★★ 3つの会とは ★★

3つの会は
認知症と生きる人による
認知症と生きる人のための会として
生まれました。

認知症と生きるわたしたちは
生きづらさも、暮らしも
人それぞれです。

診断されたばかりの人。
認知症とつきあいながら
暮らしをつくってきた人。
認知症とともに今を生きる人たちは
たくさんいるはず。

みんなが声や経験をつたえあって
一人ひとりの暮らしをつくっていこう。
そして、ゆるやかにつながりながら
社会へ声を発信しよう。

そう考えたわたしたちは
「つたえる」「つくる」「つながる」
という3つのキーワードの頭文字をとって
「3つの会」―つまり「つ」が3つ―を
つくりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2012-11-23 23:50 | 気まぐれなお話


<< 地域高齢者精神医療班 私の名前は○○会 >>