二重人格

今日はヘルパーさんが来る日。

部屋のリフォームのことやレンタル用品の返却、父母の税金申告関連、
その他もろもろで分刻みの日だった。
母は昼からトイレコール。
あまり動かないほうがいいといってもすぐに忘れる。
ヘルパーさんが来るまで我慢比べをしていた。
ヘルパーさんにお任せして、いろいろ事務をこなす。

帰り際、ヘルパーさんが「おかあさまはしっかりしてらっしゃるので、
いろいろ聞いてやります」と言った。
外面のいい母。
いったい何なんだろう。
私も疲れてたので母もおかしいとは言えず、そのまま。

ヘルパーさんも2時間びっちり働いて帰った。
帰って5分もしないうちに母のトイレコール。

夜は寝ないといって騒ぐ。

ワインをサイダーで割って少し飲ませた。
ビタミンを導眠剤をいって飲ませてみた。
まったく眠らない。
あかちゃんのように、ベットの上であっちへごろごろ
こっちへごろごろ。
テレビのイヤホーンも離さない。
「寝なさい!」
「寝ない!」
[テレビ消す!」
「いやだやだ、消さないで」
「寝るの!」

ヘルパーさん、母はほんとはこんななんです。
by ygracia | 2005-02-07 23:57 | 介護に思う

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る