命の仕舞い方

娘のお友だちがグリーフケアを勉強しているというのは以前から聞いていたのだが
その方からの情報で、終末期在宅医療のドキュメンタリーを見た。

すごく良かった。
ありきたりのすごいんですよ、すばらしいでしょ、っていうのじゃない。
しっかり見せてくれた。
訪問診療チーム、看護チーム、介護チーム、その紹介の仕方もバランスが
良いのか、とにかくひとつひとつしっかり心に残った。

我が家で生き抜く
〜在宅終末医療のいま〜

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1300800

在宅介護は決して簡単なことではない。
意志だけでもできるものではない。

番組の中でも介護者の麻痺した疲労感をしっかり知らせていた。

それでも大切な人の意志に添い、支えるチームがいて、
命をしっかり仕舞うことができる。

人間のすばらしさに泣けた。

すごいじゃないですか、「元自衛官」
娘を大切におもうからこそ、自分で仕舞いをつける父、愛。
音楽を愛し、歌い続けた夫。
登場する方すべてのそれぞれの人生。

これが人間なのだ。

録画したけど、ダビングできないほうで録っちゃったので失敗した。
残念。
でもなんとかこの映像ほしいなあ。
だれか取ってないかなあ。

余談。
1月半ばにインフルエンザに感染。
死んだ、、、という5日間&ダウンへろへろ5日間。
動けず、まいった。
すぐ腎盂炎起こす人だから、喉を通らないけど、がんばってチビチビアクエリアスを
飲み、なんとか切り抜けた。
この大食漢が、食欲ゼロ。
生活習慣病全部もってるし、無呼吸なのにCPAPなぞ付けられず、で、不安要素いっぱいで、
呼吸は変だし、
タミフルのみ始まったら、心臓変になるし、もしかして
アクシデントで死ぬかも、、なんて熱でモウロウとしながら考えた。

なんてことない、年なのよね。

スムージーとピラティスで元気だぞといばってたのが、、、気落ちした。

未だに体調は不完全で、背中も丸く、気管支あたりの筋肉も固く
ピラティスとヤムナをしないとだめな状態。
今週からがんばるぞと思ったら、水曜日は大雪らしい。。。
あ〜〜ん。

情報いらないといいつつ、只今facebookとツイッターでつぶやいている。
私を知っている人は覗けるかも。
あちこち書けないから、だんだんブログが少なくなる、、か
facebookが減ってくか。。。

でも気まぐれなので、どうなるかはわからない〜〜〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2013-02-05 02:03 | 気まぐれなお話


<< 生活習慣 Les Miserables >>