ひとつ、いいことあればいい

ほんとに人生いろんなことがあるもので、
力が抜けて寝込むようなことがあったり、
復活して、また人に出会いに出かけたり、食い扶持のために働かなくていい分、
どうもほかのところで、働きなさいと、神様が命じているのかも、、と
思いながら、日々忙しく動いている。

大阪で、たくさんのレビー介護家族の方たちと会い、心を通じ合わせ、
また私も多くのことを学んだ。

人は謙虚であるべきと、頭では分かっていることを再確認。

人と出会い、人から学ぶことがどんなに価値のあることで、
宝物になるかと感じた3日間だった。

京都では、
京都錦市場を京都の人に案内してもらうという長年の夢が実現。
ほんとに楽しかった。
京都のお野菜、お魚、お豆さん、いろいろ買い込んで、
その場で料理したいなあと思った。
あきらめつつも、店の中では東京へ帰ることをほとんど忘れてた。

八郎しょうが、あんまりおいしくて、ああ、大きい方買えば良かった〜と。
念願の紅心大根もサラダでパリパリ。
大葉胡椒も、これまた新鮮。
くみあげゆばも夫婦ふたりであっという間に完食、もっと味わおうよ。。

いただいた京のお菓子も、私と娘は味見して「おいしいよねえ、いっつも」
夫と息子は、「きれいだから、食べないほうがいい」と眺めてる。

ひさしぶりの新幹線は、行きも帰りも満席で、みんなどこへ行く?
新幹線には成田エクスプレスのようなスーツケース置き場がないから、
膝の前に置くでしょ、
私のが、数回ごろごろ動いちゃって(ストッパーを考えておくべきだった)
隣りの席の男性の足を引いたり?したもんで、かなり気分を害したらしく、
ほんといやだったけど、ま、おばちゃんはその後、グーグー寝たので
きっと、もっと気分を害してたかも。

そんなこんなで、日々時間は過ぎて行くけれど、
今日も
ひとつ、いいことあれば、私は幸せ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by ygracia | 2013-03-15 00:37 | 気まぐれなお話


<< 楽しい時間 ひとと出会うこと >>