それぞれの介護、それぞれの人生

このごろ思うこと。

介護の仕方も百人百様なんて言ってるけど、そういうことより、
みんな思うように生きればいいと感じる。

人からの、親切か、またはお節介なアドバイスも、それを100%信じてしまったり、
また、先日書いた、thirdman現象みたいなもんで、自分の範疇でしか理解できないから
都合良く解釈して、事実が違ってしまうと、言った人を責めたりする。
責任転嫁したり、蔑んでみたりして自分をなだめる。
言ったほうも、ちゃんと解説したはずなのに、と憤慨するし、悔しくもなる。

自分の生き方を信じたらいいのだ。
自分にとって、何がいちばん大事?
何したい?

柏木哲夫先生(淀川キリスト教病院名誉ホスピス長)は言う。

「人は生きてきたように死んでいく」ということです。
これも本当にそのように思います。しっかり生きてきた人は、しっかり亡くなっていかれますし、ちょっと変な表現ですが、べたべた生きてきた人は、べたべたと亡くなります。
そして、周りの人に感謝をしながら生きてきた人は、私たち医者やナースに感謝をしながら
亡くなっていかれますし、不平不満を言いながら生きてきた人は、我々に不平不満を言いながら
亡くなっていかれます。最後の一ヶ月というのは、それまでの人生の凝縮です。
ですからそういう意味で、人は、生きてきたように死んでいくのです。 」

私は思う。

家族の命をまるごと請負って、
どうしていいのかわからなくなったら、日々の生活で傍にいる人にかたっぱしから
確認して歩けばいい。
そんなこと、、と言ってないで、勇気を振り絞って話すべき。
だって、愛する人の生死の問題なんだから。

今は情報も氾濫していて、どれがまちがいで、どれが正しいとも言いきれない部分もある。
この大学研究ではこうでも、あっちの研究ではこうだっていうことも山のようにある。
反論もいっぱい。

どんな家族もその家族の体験しか知らない。

だけど、死に向かうことは人間みな同じなわけで。。


。。。。。。


多くの場合、人は死に向かってきちんと準備していく。

今いる世界から身を引いて行く準備を始めて静かになる。

食事量は減って行く。

目をとじ始まる。

死の2週間くらい前から兆候がでてくる。

血圧が下がる。

心拍数が増えたり減ったりして、体温も同じく下がったり上がったり。

汗のかきかたが変わる、顔色が白っぽくなる、

呼吸も不規則になる。痰が増える。

眠る時間が多くなる。

急に元気になる。

また乱れる。

尿閉が見られる。

水分も切っていく。

呼吸を忘れることが増えて来る。

便もきちんと出し切っていく。

粘膜は分泌が増えて、呼吸を妨げるようになる。膜をはっていく。これは自然な現象。

血圧はさらに下がり、脈は弱くなり、触れられなくなる。

すーーーっと吸い込んで去って行く。。吐くように見えた息は、、ない。

。。。。。。


大学病院の小児病棟で南米からきていた子のお世話をしていたとき、
死にゆく子どもたちといっぱい接した。
このブログのなかでもどこかで前に話したと思うけど。。

死を知らない子どもが、怒りもなく、「今」を生きる。
母親の涙を見て、6才のこどもが、治療を信じ、医師を信じ、わがままを言わない。

私がそばにいた子は先に逝ってしまった仲良しのことは知らなかったはずなのに
「Mちゃんがおいで、と呼んでいる」と告げて、ほんとに逝ってしまった。

霊安室でそばについていたら、腹水でふくらんでいたお腹もきれいになくなり、
閉じたはずの目はうっすらと開き、ガラスのような透き通った薄いグリーンの目が
私を見つめていた。
「何をしてほしかった?」
私はずっと問いかけた。

母とは歌を歌って、最期の時間を過ごした。
最期とは意識してなかったけれど、最期なのだとこころは感じていたのかも。

いっぱい歌って聞かせた。
母の好きな唱歌。

「浜辺の歌」
「椰子の実」

私と母との母娘関係を最初に実感してたのは、「かにの母さん」なので、
これも歌った。

ジャズや洋画が大好きだった母だから、英語でなぜかクリスマスソングを
いろいろ歌った。

そして聖歌、賛美歌。

歌いおわるころ、母に言った。

「お父さんも待ってるね」

。。。。。。。

どこに書いてあったのか忘れたけど、死にゆく人に「許可」を与えるのも
家族の役目ということばがあった。
私は父に許可あたえなかったけど、父らしく真面目にしっかり生きた。
私の思いにも応えるべく、胃ろうで何も食べられなくても、頑張って生き切った。

母には許可を与えるもなにも、母らしく、母は自分で仕切って逝ったと思ってる。
母に応えられない自分もいたけれど、母は私を最期までかばって逝ったと感じている。

それぞれの介護、それぞれの人生。

家族の思いとわがままにも、家族だから、それに応えて、またがんばる本人。
支えているようで、支えられ、支えられているようで支えている。。ずっと。




柏木先生のお話から、ユーモアの大切さ。

「ひとりの87歳のすい臓がんのおばあさんが、だんだん弱ってこられて、
この女医さんと死を語り合うことができるような間柄になられたんです。
往診に行ったときに、「どうもあと1週間くらいで、向こうへ行けそうです」と
こう言われたそうです。女医さんは、「ああ、そうですか。やっぱり向こうっていうのは
天国のことなんでしょ」と言いますと、この患者さんは「私、天国でも地獄でもどちらでも
いいんです。きっとどちらにもたくさん友達がいると思います」と言われたそうです。
そこで二人で大笑いをしたと。そういうことを発表されました。
これはすごいことですね。死を迎えつつある患者さんが、そういうユーモアを分かち合うこと
によって、日ごろお世話になっている女医さんをねぎらったわけですね。
と同時に、その死を迎えつつあるつらさや悲しさをユーモアのセンスで吹き飛ばすという、
そういうことをされたんです。私は本当にこれはすばらしいなと思いました。 」


b0055939_322197.jpg

Commented by たっち at 2013-05-29 22:35 x
こんにちは、ご無沙汰しております。
父が入院しました。ある程度元気にはなりましたが、家に帰っても面倒みられない事情ができ、現在も入院中です。

椰子の実・・・デイで「椰子の実♪を上手に歌ってましたよ~。」と言っていただいたのが、約1年前。父も唱歌が大好きです。先週末、病院で椰子の実を小さな声で歌ってきました(周りにほかの患者さんがいるので小声で)。近くに暮らしていたらもっともっと一緒に歌を歌えるのに・・・と思いました。88才になりました。まだまだ頑張れると思っています。
自分の話ばかりですみません。「椰子の実」で何だかこみあげてきちゃいました。
Commented by ame at 2013-05-29 23:50 x
はい!うちの母も、母らしく過ごしております。 こんな気候なんで、モゴモゴ訳分かんないこと喋ったり、持参したおやつを「周りの人にあげなさい」と気遣ったり、「私のカバン・・・」と気にしたり。 入院で母と一緒に過ごす時間は格段に減ったけど、パッと顔見れば、調子分かるし、手や足をさすって触れ合い、首が少しでも治るように撫でています。 まだ、歌はやってない・・・・   面会(家族)の周りの人が優しくて、なんか温かい空気を感じます。 次はいつ会いに行こうかな~~。
Commented by ygracia at 2013-06-02 18:31 x
たっちさん、お久しぶりです。
お父さん、やっぱりダンディね。
椰子の実をデイで歌うんですもの。ガンバレお父さん!
フンバレ、たっちさん!


Commented by ygracia at 2013-06-02 18:32 x
ameちゃん
毎日、こころ痛いと思います。
おかあさんが気持ちよく過ごせるように祈ってます。
ameちゃんもふんばって♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ygracia | 2013-05-29 03:02 | 気まぐれなお話 | Comments(4)

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る