感謝

今日はひどく疲れた。

夕べは娘の誕生パーティということで夜、父母を残して、六本木ヒルズへ。
家族4人でひさびさの食事。
なぜだか、みんなほっとした感じだった。
私も。
あたまのうしろのほうで父がふとんをかぶれずにベットに
横たわる姿がちらついたが・・・
ひさびさにお化粧もした。
いっしょに食事に行きたいだろう父には用事があるといって出かけた。
うしろめたかった。

帰宅して、もういちど父母を寝かしつけた。
夫がまたビールを飲みながら、
「2週間にいっぺんは食事にでかけようよ、気分かえないと」
「う~ん・・・」

母のデイサービスでのリハビリに問題が生じて、
今日はケアマネージャーさんと看護師さんとの三者協議。

やっぱり無理があった。
疲れていた私も早急に物事進めすぎた。

骨のついていない、骨粗しょう症、糖尿病の母、
リハビリもマッサージもデイのほうでどのようにするかはかりかねるという。
整形の先生のことばも微妙。「生活自体がリハビリ」

本人も自覚がないので自分で動いてしまうことがある。

結局、リハビリはなしになり、クラブ活動参加ということになった。

時間を感じる生活をすこしでもしてもらうということだ。

看護師さんからも指摘をうけ、自力でたつと、本人がしらないで、
右股関節にも負荷をかけている、座るときもドンとすわるので
あぶない、やはり介助をしたほうがいい。

夜はまた母を抱き上げた、
母は大喜びだった。
そりゃ、楽でしょう。

ア~疲れた。

父が部屋からでてきた。
娘「どこいくの、おじいちゃん、」
父「隣」
娘「ここは自分の家だよ」
父「そうか、今イタリアに行ってきたんだ」
娘「ひぇ~」
by ygracia | 2005-04-18 22:06 | 今日のお話


<< やっぱりヒステリー 困難 >>