ひさしぶりで

父が絵を描いた。

数日前、お散歩のかわりに玄関前をあるかせたところ、
急に、植木鉢を動かし始めたので、「なに、なに」と聞くと
「この花の絵をかくんだ」という。
その日はもう夕飯まじかだったので、あとでと思い、
それが今日、やっと実現。

スケッチブックと色鉛筆とクレヨンを置き、
アフリカンバイオレットの小さい鉢を持ってきた。
ピンクの花がいっぱいだ。

お昼前に渡したのだが、昼ごはんのときはスケッチブックの
前にかいたものをながめて、鉛筆をさわているだけで、
なにもしなかった。

お昼のあとにみにいくと、もうベットでうとうと。
「おとうさん、絵は?」
というとむくっとおきあがって、それから
夕方までこまごまとかいていた。
没頭していた。

葉も花もひとつづつていねいにかくので、まだ終わっていない。
きっと明日も挑戦するだろう。

あ~よかった。

川島ドリルの第2弾もかってきた、
唱歌のドリルもかってきた、
すこしづづ、やろう。

母はまったく興味なしだった。
by ygracia | 2005-07-11 23:35 | 今日のお話


<< わすれないうちに ストレス解消 >>