父入院中2

今日は、私の免許更新のため、朝から忙しかった。
早く父のところにいってやりたかったが、無理なので病院に電話したところ、
父は変わりないが、テープ式オムツと尿取りパッドの小さいほうを用意してください、
パジャマもといわれ、そういえば、このごろ、母のほうでばかり気をとられていて、
父のパジャマもよれよれ。
帰りに買い物だと決めて、免許更新へ。

免許の写真のために娘にお化粧してもらい、
友達に教わった、「私は美人よ」と心の中で唱えて、微笑むのだと、
決めていったのに、おじいさんの係官が、「まだだから、リラックスして
まってて」なんていわれて、ふ~んと思ったら、もう写真取られてた。
くやしい~~
講習は案の定、眠気との戦い。
たったの30分だけど、ちょ~~眠かった。

また納得いかない写真と5年間お付き合いすることになった。

一度家にもどったのがまずかった。
疲れて、寝込んでしまった。

夕方父のところにいくと、手袋と腰ベルトの拘束状態。
不自由な手をのばして、なんとかテレビをつけようとあがいていた。

おとうさん、ごめんごめんと、早速ナースを呼んでベルトもはずし、
父の体をさすった。

建築士の父は病室の天井や、壁をまたながめて、
手をのばし、レール幅をはかったり、電気、スプリンクラーの数を
数えたり、忙しそうにしている。
さすがだね、というとニコニコしていた。

ナースが「英語、お得意なんですか?」
と聞くので、何かと思ったら、朝は
「ぐっど、もーにんぐ」と言ってるらしい。

あとはオムツがえのときに、大騒ぎ。
ナースをけっとばし、上がらないはずの足が思いいきりあがってる。
手もよくうごいて、ナースをたたく。
「自分でやるからいい」とまわらぬ口で言っている。

そのあと、病気だから安静にしていなくてはいけないこと、だから
ナースに全部取り替えてもらうこと。
歩いてはいけない状態だからトイレにはいけないので尿瓶を使うこと。
説明はしたけど、きのうもしたので、また明日もすることになる。

しかし、結構自分でやりたい気持ちがあるのがわかり、すこしほっとした。

夕飯はきのうとくらべて、だめ。
眠くなった感じだった。
入れ歯も痛いからいいといい、歯茎で刻み食をたべているが、
やはりのどにのこってしまうので、心配。
今日のナースは新米なのでくちのなかをうまくのぞけず、
結局おかずのなすがせきといっしょに飛び出してきた。

父といつも涼しくなったら歯医者に行って、入れ歯を見てもらおう。
新しくつくりなおそうと話していたせいか、
今日、父がここは歯医者の病院かときいてた。
記憶のどこかにあったのだろうか。

先生と会った。
やはり、まだまだ歩いちゃいけないそうだ。
やっぱり、安静期だった。

あすは、早くいって、拘束を1日はずしてあげよう。
by ygracia | 2005-09-07 21:13 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る