父入院中6

朝からいろいろ忙しくて、昼に父の食事介助に行き、うまくすぐ寝てくれたので
速攻もどって、母を連れてS病院へ内科診察へ。
この時間なら駐車場があいてるだろうと、行ったらうまく2.3台あいてた。
炎天下車椅子を押して歩いたら、今の私、確実にのびる。
ああ、駐車場、ありがとう。
そこからなんだかずっと待っちゃって、父の夕食にはまにあわなくなったので
病院に電話。
母を家につれてかえり、夕食とインスリンをして、速攻父のところへ。
なんと、まだ食事が終わっていなかった。
1時間近くもこれじゃ、ナースも困る。
困ると報告するから点滴になっちゃう。怖い怖い。
皿も全部横へどかされているのでどうしたのかと思ったら、
手をつっこむという。
何かもたせておくと大丈夫ですといった。
自分でスプーンももてるので自分で食べれますよというと、
ナース、え~~~。
私以外のひとの言うことは聞かなくなったらしい。

父は私の顔をみて正気にもどって?またご飯を食べ始めた。

またおむつ交換でナースをけとばしたり、手をものすごい力で
つかむので、父をしかると、笑った。
こんな力でつかんだら、かんごふさん、怪我するからだめだよ、おとうさん。
わかった?というと、わかったという。
ほんとかな。

明日は、母のあたらしい、預け先、有料老人ホームのショートステイの見学にいく。
父は拘束されちゃうけど、仕方ない。
母もすこし、元気がないのでかわいそうだけど、
もうあきらかに共倒れになるから、母にはしばらく我慢してもらおう。
ごめんね。
by ygracia | 2005-09-14 11:00 | 今日のお話


<< 父入院中7 父入院中6 >>