父入院中7

実はこの日記、1日遅れで書いている、つまり、昨日(14日)の報告となっている。
夜はもうノートを開く力も残っていない、久しくがまんしていたはずのビールも
ついつい毎晩飲んでしまう。飲まないとやってられない・・・
アルコール依存症ではありません!

父は今日は、すっごく普通。
認知症ではない父なのだ。
頭のどうなってるのかな。
意思表示も結構早く、食事はすべて食堂で食べた。
そして、食堂まで歩いていき、帰りは車椅子だけど、眠ってなくて
ちゃんと起きていてくれる。
おかあさんの用事ででかけるからね、まっててねというと、
「わかったよ」

夕方はトイレにいき、洗面所で顔を洗い、自分の顔をまじまじとながめ、
いい顔してた。

午後、初めてみる有料老人ホームへ行く。
住宅街にある、こじんまりとしたホーム。
町の公民館みたいな感じ。
入居金からみても、中堅どこというか、安くて手ごろな感じのチェーン展開しているホームだ。

相談員の女性と、会社の担当の人と話をしていると、涙が溢れそうになるのをがまんした。
ま、どこへいっても二人面倒みているということで驚かれるのだ。
もっとすごいひともいるだろうけれど、がんばりすぎている自分がいるので
同情されると、涙がでそうになる。
いかんいかん。

ワンフロアに10部屋ほどですごくいい感じ。
職員も若い人から年配までしっかりした雰囲気の人々でいい感じ。
そんなに新しくはないけれど掃除もいきとどいている。

どういうところで判断するかはやっぱり人間性とその人間の印象がすきかきらいか、
清潔か、そうでないか、もしかしたら裏は読めてないかもしれないが、
それで私は判断してみた。

有料老人ホームなので本来は入居希望者のためのショートなのだが、
ケアマネの力で特別に受け入れてもらえた。
ま、将来の顧客の可能性ありと読まれたかもだけど。

1回かぎりのショート利用。繰り返し使用するには数百万円の
入居金を支払うことになるのだと言う。
利用したいけど、やはり無駄遣いはできないしね。
ほかの有料ショートももっと体験してみなくては。

というわけで、母は金曜日からショートステイへいくことになった。
たった数日間なのに、母の下の世話もできず、やっとシャワーを
あびてもらった。
あとは髪の毛を娘にカットしてもらおう。
by ygracia | 2005-09-15 12:58 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る