父入院中8

18日の日記。

父はスイッチオンとオフの繰り返し。
脳梗塞による右半身脱力は消えたものの、スイッチオンでベッドから
起き上がり、腰かけ、車椅子に移動するところでスイッチオフ。
車椅子に座って動き出して、スイッチオン。
昨日は3時から4時半くらいまでお散歩してた。
本人も部屋にはもどらないといい、食堂や、公園にいた。
ミルクティーをおいしそうに飲み、薄いおせんべを一口、なめなめして溶かし、
ウェハースも溶かしながら食べた。
昨日のアイスが食べたいといったけど、今日はなし。

「よ~」と右手をあげて、壁にむかって挨拶してる。
だれときくと「△※~●~」
わからん。

「とら」うちの猫ボスの名前。
「とらが見えるの?」
「頭の中に思い浮かべただけ」
?????
まともなのか、なんなのかわからない。

お通じがないので浣腸になった。
ペースト状のご飯じゃ、便も出来上がらないような気がするけど。
父はさわられるのは苦手。
「ひぇ~~ひぇ~~」
「だいじょうぶ」
「血がでる」
「でないからだいじょうぶ」
いつもならはっきりしない口が、はっきりしてる。
その後、便がでるまで、父は私の手を両手でしっかり握ったままだった。
やっぱり、成形されていない便だった。

父の希望で昼食も夕食も食堂で食べた。
そのほうが父もおとなしい。

疲れてて、1日だけ何も考えずに眠りたい。あ~。
by ygracia | 2005-09-19 09:25 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る