母帰宅

二人介護再開。

母を老人ホームまで迎えに行った。
田園都市線の駅。
車でうちから40分強。
なぜかすいてたので、ふっとばして30分くらいでついた。

まずは社員2名がお出迎え。
施設長の看護師さんと挨拶。
支払い。
なぜか、おもったより断然安かったのでびっくり。
ふうつのショートという形で医療補助の部分(インスリン注射の手数料)は
必要ないということになったという。

領収書ができあがるまでのあいだ、社員といたけど、
なぜか沈黙。
本来なら、これからのショートステイ利用権の話となるのだが、
ケアマネにいわれたせいで、ひとことも話さない。
ま、世間話をして、でもなんだか、気持ち悪いので
私のほうから、利用権の値段がもうすこし安ければいくらでも
利用したいのに、と切り出した。
そこから、話ももりあがり、会社にぜひ言ってくださいと頼んだ。
介護保険の利用のショートは、うちのまわりは、1週間で
おまけに抽選だ。緊急ショートもほんとに探すのも大変なのだ。
そこそこに父母が蓄えておいたもので、有料でも利用できるなら、
利用したい。
ちなみに、近所にある有料老人ホームのショートは一泊3万円だった。
今回母が利用したところは13600円。

母はとても気に入り、スタッフともなかよくなり、名残り惜しい感じだった。
いつも一番仲良しだった男の子の介護士さんはおやすみだったので
残念といった。
また来るからと母はなんどもいってたけど、残念なことに
利用権を払わなくてはいかれない。315万円。

母はとてもリラックスした感じでいい生活だったのだと思う。
私が信じたスタッフが良かったのだと思った。
社員のひとも、「スタッフなんですよね、やっぱり」と言った。
いい人たちだったのでほんと残念。

と、みんなに見送られて出た。

父はヘルパーさんとお留守番。
ヘルパーさんのくるまえに父は転倒していた。
どこも打っていないというけど
「ど~んと倒れた?、どどどんと倒れた?」
ときくと、どどどんとたおれたと答えた。
どこも痛くはないらしい。

私の使っている低反発マットレスをベットの下においた。

母と帰宅したとき、ちょうどおやつを食べてて、
みると口の中はカステラでいっぱい。
おかしいとおもい、ださせると、でるわでるわ、
なんにも飲み込んでない。
トゥースエッテのブラシでかき出した。
それからしばらくしてまだもごもごしてるのでみると、
まだカステラが、おまけに下の入れ歯もいっしょに口の奥にあった。
ヘルパーさんに入れ歯のこといってなかったから
入れ歯をいれてくれたのだけど・・・・・・・

そして、また歩こうとした父は転倒寸前でヘルパーさんがキャッチ。

夕食も父の介助にまわっているので、母はもうむくれている。
自分のできることは自分でしてというと、ますますむくれた。
この調子だと、ホームへ戻るといいかねない。

あ~私は一生懸命やってるんだけどな~
ふんばってるんだけどな~
by ygracia | 2005-09-30 20:09 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る