あ~あ

もうタイトルも思いつかない。
昨日は父の体位交換を2時にやって、それから寝た。
起きれなくて、5時半に見に行ったら、横向きにして背中にいれたビーズ
クッションの上に仰向けに寝てた。ま、いいか。
母はひとりで車椅子でトイレにいくことを許可しているので
いいけど、相変わらず頻尿で(でてないけど)ちょこちょこ行く。
それでも4時間は続けてねてるみたいだからいいか。
転倒の危険性もあるけど、今は仕方ない。ひとりでやっていい。
止めるとすごい、興奮して怒るので・・・

今朝父は調子よくベットから起きたのに、トイレに到着して脱力。
血圧がさがっちゃったのか、脳梗塞おきたか、わからない。
家族よんだけど、ぜんぜん聞こえなくてしかたないから
だきかかえてベットまでいったが、ベットにあげられない。
なんとかがんばったけど、あんまり強く抱いたから父は痛かったみたいだ。
結局一日ボーっとしてた。
おやつは良く食べた、ごはんは、まあまあ、
なすのおかか煮と肉じゃがは結構たべたのでいいか。
もうカロリーなんていってられないので、とにかく食べてほしい。

父母にかかりっきりで、夫がむくれはじまった。
夫には夫の人生の理想図があるのが、それがまったく実現されないので
おもしろくないのだ。
わかってくれてると思い込んでるととんでもないしっぺ返しがやってくる。
意地っぱりの私は、そうなると意地でも夫が文句つけたとこを
全部解消してやる。いっつもそう。とにかく寝ないでやらなくちゃならないこと
がふえるわけだ。
介護のために家庭崩壊は簡単だ。
夫が理想を実現させたいなら、別れるより仕方ない。
(別れ話はおきてませんけど)
今夜は夫とこどもたちの食事を優先したから父と母の食事がとんでもない
時間になってしまった。でもふたりはおいしそうに食べてくれたから
悲しみも吹っ飛んだけど。

それに息子がえらかった。
怒鳴る夫を封じ込めた。
さすが二十歳になったから強くなったね。
息子と猫4匹が私をガードした。
娘はさっさと逃げた。

きょうは我が家のトラブルを暴露しちゃった。
夫は優秀で、会社でも忙しく帰宅は深夜。 週末は、自分でクリーニング屋にいき
スーパーで買い物してきてくれるという生活をここ何年もしてくれている。
海外出張も多いので体もつかれるだろうけれど、ま、がんばってた。
きっと、彼も疲れたんだろうとは思うけど・・・
私の疲れ度はきっと、彼も想像できないだろうな。

とくに精神的な打撃はもっと疲れるのだ、あ~あ。
by ygracia | 2005-10-01 21:22 | 今日のお話


<< 介護とは 母帰宅 >>