あと1日

ショートの前日。
いつものことながら準備がたいへん。
薬に関しては、あの老健が参考になり、分包がうまくなり、
ービニールの小袋にPCで出力したシール(名前、朝昼晩、月日)をはり、
日数分薬をいれる)ーインスリンや、血糖測定器、チップその他もろもろも
早く準備できるようになった。
遅いのが衣類。とにかく、何着せていいかわからない。
この間そろえたのは母の薄手長袖のもの、それも毎日きてたらよれよれ。
買いにいくひまもない。
厚手のものきせてみたら、あつい、かゆいといろいろ言う。
父は小さいので、ほんと困る。
子供160cmのところをみたら、いまはナイロン系のズボンばかり。
スウェットのものなどない。
スポーツ店でレディスのスポーツタイプを買い、すそをあげた。
でもウエストのゴムが広幅できつそうだ。直す暇もない。
ほんとうはきちんとした格好が好きな父。
こまった。
今回は私も父母もよれよれ。

娘が某テレビで介護番組をみたという。
「うちよりたいへんだった」という。
認知症になったもと警察官の大柄な父親を娘(43才)家族がみているという。
「おかあさんみたいにその女の人も疲れ果ててた
でもその人は2年だって、おかあさん、まだ1年未満だよ」だって。
あ~あ。
大変なのは当たり前、でもそんな番組みたくない。
リアルすぎちゃって。

今日は夕方私の熱があがった。
それでも父をシャワーにいれ、なんとかがんばった。

アスタマニャーナ。
by ygracia | 2005-10-26 01:00 | 今日のお話


<< 空の巣症候群 母のきもち >>