母の混乱と父

母は細かいことがわからなくなってきた。
スムーズにいれていた入れ歯はさかさまにいれ、あわないからと
出してしまう。
トイレにいったつもりで行ってなくて、行ったとおもうと、
ふかずにでてくる。手もあらわなくなった。
ヘルパーさん来ての入浴も面倒。
お茶もねっころがったまま飲む。
テレビを消せなくなり、そのたびにテレビをもってけと騒ぐ。
不自由な右足がからまっていても気がつかない。
ボタンがかけられなくなった。
ご飯を食べおわってすぐに、ご飯ちょうだいと言う。
これは前からだが、病院で順番まちができず、
わざと部屋のまえまで車椅子をころがし、大きな声で
う~ん、ふ~~んとため息をつく。
人が通ろうが、じゃまだろうがどかない。
自分がまっていることを先生にはやくわかってもらおうとしている。
食事も手でつかむことがふえた。

父が動けなくなって、急に母も悪化した。
父が世話されるとじっと見ていて、自分の番を待っている。
待ちきれないと、いろいろ言う。

母がアルツハイマーと診断されたとき、父とは対照的な
環境が必要と知った。
父はストレスのすくない、しずかな環境が必要。
母は社会性のあるにぎやかな環境が必要。

父は母がストレスになってしまった。
去年、母が入院中は父はとてもいい方向にむかっていたのに。

昨日も私が目を話した隙に、母に皿をなげた。
命令口調で言う母に腹をたてたらしい。

それでも夫婦だ。
私がきょう1日、母に対してヒステリーをおこしていたのだが、
父と父のデイサービスをどうするかという話をしていたときに
母が手を洗わずにトイレから戻ってきた。
もう、なんでわかんないの、というと、父が、
「あれこれいっぺんに言ってもしかたない」とのたまわった。

母の混乱はきょう、病院から戻っても続いていて、
夕飯をたべないとか、いろいろあって、
私も疲れてうとうとしてしまい、11時半にのぞいたら、
床にころがってテレビを見ている母を発見。
もう何をやっても持ち上がらないので息子の帰りを待つ。

息子が抱き上げて、ベットにもどると、何事もなかったような母の態度。
もうすでにパジャマは濡れているのに、気がつかない。

息子もくたくたで帰ってきたのに、え~と言いつつ、手伝ってくれた。
ありがとう。

それにしても疲れたな・・・
あさっては父の病院だけど、連れて行けるかな・・・・・・

なんだか、ちっとも改善されない、私の介護生活だけど、
結局、私がそうしてるんだろうな・・・・
来月は覚悟決めて長期休暇を取らしてもらおう。
頭も疲れ果ててるから・・・・・・・
by ygracia | 2005-11-09 01:36 | 今日のお話

老いた父と母と-いつまでもあなたがたの一人娘でいたい~


by ygracia
プロフィールを見る