介護のしかた

混乱気味だ。

父のために母のためにいちばんいい方法で生活していきたい。

ところが、人間の基本である身体支援をするので精一杯。

朝おきて、洗顔、はみがき、といれ、着替え。
それをふたり分。もちろんお尻洗いもやる。

ベットが汚れてたら取り替えて。

食事の準備、ミキサーやらきざみやら。
食事の介助。薬をのませて、母には一連のまえにインシュリンがある。

瞬く間に昼になり、私は朝食も取ってない。
ヘルパーさんが来る日もだいたいふたりががり。
ほんの一時やすめるけど、昼食準備だ。

午後は父母の薬わけやら、買い物リストやら、洗濯やらもう夕方。

夕食準備で介助で着替えで、寝かせて、
母の最期のインシュリンは10時頃。
トイレは12時頃。
父の体位変換、1時半ころか2時半ころ。

私、いつ、なに食べた?
でもやせない。

父のために散歩も行きたいけど、これも父の変動がおおきいから
ヘルパーさんも頼めない。
水分補給で毎日お願いしたときも困った。
寝てるの起こして水分取らせるわけにもいかず・・
「今すぐヘルパー」そんなのあったらいいのに。

父がしゃべらないので、ドリルの復唱させてみたが、やる気なし。
今日は朝食後テレビをみたり、ティッシュの箱いじったり、
新聞とめがねを渡したけど、めがねは投げてあった。
新聞のはじを折って、遊んでた。

昨日はなにを話したいのかさっぱりわからないので(べろが動いてないから)
字にかいてと、マジックと雑記長をわたしたが、本人はすらすら書いてるつもり。
なんだかわからん。7とドという字だけわかった。
そのあと、父は知らん顔。

ベットや、車椅子の移動は自分で立とうとするのでパンツをもって
引張上げ、介助。なんとかなってる。

なんにもできない私。
父が、母が笑える日は来るのだろうか。
by ygracia | 2005-11-28 12:50 | 今日のお話


<< また同じ 無感覚 >>