確執

このごろ、精神的にだいぶ参っている。
母との対立が多く、私は暴言も吐くし、母の背中を平手で叩いたりする。
母は強いのでやりかえしてくるので、ほんとにバトルなのだ、毎日が。
すこし、すくわれるのはというより、悲しまなければいけないのか、
バトルがあっても、母は何も覚えていないことだ。
しかし、私の自己嫌悪はどんどん膨らんでたまらなくなり、
西村先生に相談した。

私はもう危険信号だという。
注意信号ではないと。

確かにかなり、無理がきていて、あっちもこっちも中途半端で
頭の中で思っている世話の半分もできていない。
下の世話に、片付けに食事で、父母が寝てくれたあと
やっとなんとか時間ができるがその時間は家族との時間。
私の精神は結局休まらないわけだ。

疲れたな、ほんとに。

明日ははじめての父の訪問診療。
インフルエンザもしてもらえるからほんと助かる。

父の歩行困難、幻覚がどうやらドプスのせいらしい。
入院時に服用回数が増えて、心配だったのだが、
やっぱり出てきた。

父とその話をすると、もともに受け答えする。
「そうか、やっぱりもうすこし、歩けたほうがいいなぁ」
「血圧が下がることが、また増えるかもしれないけど・・」
「それでも動けたほうがいい」

と、父の意思だった。
何の反応もない、母を父は指差した。
「なに? おかあさんに用事?」
「話さないね」
「なにさ?」

あ~、もう泥のような私の精神状態。
DVDでもみるか~~~
by ygracia | 2005-12-04 14:37 | 今日のお話


<< 訪問診療 父、ぼけてない? >>