休暇

今日から、私の休暇。
でも予定がいっぱいであっというまに終わってしまいそう。
はっきりいって、腰がたたないくらい疲れている。

父を母のいる老人ホームのショートに連れて行った。
私が人間ドックにはいるから、その間、泊まって来てというと、
「わかったよ」と返事。
おニューの服を着始めたところから、元気復活で、
きのうまでのうつろな目はどこへやら、
るんるんとお気に入りの服をきて、ズボンもいつものゴムではなく
ふつうのズボンで前のチャックをシュッとあげ、
なんだかほんとにご機嫌。
でかけるので、帽子を渡してみると、これまたうれしくなったらしく、
あれこれとかぶってみたり、楽しそう。
手も足もよく動く。

車は、低血圧をふせぐため、リクライニングをたおし、
寝かせていくことにしたが、
やはり途中からおきたくて、手をばたばたするので
うるさくなってきた。
「おとうさん、運転のじゃまだから、ちょっと静かにして~」
「うん」
帽子を顔にのせ、自分で寝る体勢を作ってたのに、帽子の
あいだから、そとの景色を見てる。
見たいだろうけど、起こせないので帰りは起こして
外をみせてあげよう。

ホームにつくと、また職員の方たちが、わいわい迎えてくれて
父もなんだか、すごくしっかりしてた。
ねたままでも、よく話す。
「じゃ、おとうさん、人間ドック終わったら迎えに来るからね、まっててね。」
「はいよ」

母はお風呂からでたばかりでうつらうつら。
「あ、迎えに来たの?」
「まだよ、まだ病院にいってないから、もうちょっとね」
「うん」
やっぱり、うちがいいんだろうな。
でもホームでは元気よく、順応性が高いらしい。

父の細かい注意点はワードで打って、プリントアウトしてきた。
レビーのことも詳しく書いた。
西村先生からもメールをいただき、そのなかにもあった、
レビー小体をやっつける薬ができればいいのに、ただし、
未来の話だけれど、そんな日が1日もはやくきてほしいなんて
いう話も受け売りでさせてもらった。
職員の方もよく聞いてくれた。

マッサージの方がかえるところだったのに、父のところに
寄ってくれて、痛むほうの足をすこし、みてくれて、
楽に動くようになった。
ステイのあいだ、見てくださることになった。
来年からマッサージも訪問でお願いしよう。

とにかく、ほっとした。
職員のみんなに「じゃ、ゆっくり休んでくださいね」と言われ、
先生方にも「先のこと考えて、とにかく休みなさいよ」
といわれ、やっと休むことができる。

とりあえず、今日は、夫の用事でデパートへ行く。
わ~ちっとも休めないジャン^~~~~
by ygracia | 2005-12-13 09:00 | 今日のお話


<< 休暇返上 介護からはなれて >>